不動産業界がドローン空撮を活用する4つの理由

roznowskie-lake-1273941

米国のドローン空撮市場において最も高い割合を占めるのが、不動産業者による映像撮影だといいます。今や注目物件には必ずといっていいほど、「ドローン空撮」が用いられているといいます。

以下の動画は、実際に海外で用いられている「ドローン」による不動産映像です。

 

また一方で、日本においても「ドローン」を用いた不動産物件の空撮映像を目にする機会が増えてきました。そこで今回は、不動産物件に対して「ドローン」を使う4点のメリットを記載していきます。

1:物件の全体像を、映像を通じて見ることが出来る

建物が実際にどのような形になっているのか、横からの写真を見ただけでイメージをすることは難しいと思います。「ドローン」であれば、上空から映像を撮影することで物件の外観や周囲の雰囲気をイメージさせることが出来ます。また、低高度における飛行を安定的に行えることから、建物をより間近で撮影することも可能です。a0001_013865_m

2:内覧映像も撮影することが出来る

「ドローン」の特徴は何といっても小型であるということです。幅50cm-1m以内の機体であることから、室内を飛行して内覧映像を撮影することが出来ます。室内においても、お好みに合わせた高さで撮影することで、人の手では撮ることが出来ない絵を作り上げることが出来るのです。a0002_012105_m

3:VR映像の撮影が可能である

近年ではVR(仮想現実)技術の発展に伴い、一部の不動産業者では実際に店舗においてVRでの物件体験コーナーを設立しているという話も話題になっています。VRを用いることで、より具体的な利用者の物件に対するイメージ形成を促進することが出来ます。このVR映像の作成に当たって、「ドローン」に360度カメラを装着することで撮影するということが行われています。a0008_000559_m

4:低価格で撮影が可能である

ヘリコプターやラジコンでの撮影料金は高額であることから、中々手が出しにくいということもあると思います。しかしドローンであれば、これらの機材の1/10以下のコストで撮影することが可能です。「ドローン」は空撮業界において価格破壊を起こし、空撮をより身近にする機材なのです。drone-1006886

【ドローンでの不動産映像の作成はドローン・エージェントに相談してください!】

ドローン・エージェントでは、日本初のドローン空撮の総合マーケットプレイスとして、幅広い顧客ニーズに応えられるプロフェッショナルのパイロットと多数契約しています。パイロットは独自の基準に基づいて審査されているため、安心・安全そして良質な空撮映像を手にすることが出来ます。

ドローン・エージェントへのご相談はこちらから

http://droneagent.jp/