ドローンで企業のプロモーション映像を空撮するべき3つの理由

a0001_013764_m 高画質

近年、自社のプロモーション映像を作成する企業が増加しています

近年ではプロモーション動画の作成が身近になり、企業の中には自社のPR映像を作成し公開しているところも少なくはありません。プロモーション映像を作成することで、投資先や営業先、採用など様々な場面において、自社のイメージを伝達し、企業理解を促進させることができるといいます。

実際に、当メディアの運営主体であるドローンの空撮マーケットプレイス「DroneAgent」に対しても、企業の担当者からの「自社のプロモーション映像の作成をドローンで出来ないのか?」というお問い合わせが増加してきています。

参考記事:ドローンで撮影された旅館PR映像5選!

http://droneagent.jp/times/archives/519/

building-559350

ドローン空撮で他の企業プロモーションビデオとの違いを!

このように各企業によってプロモーションビデオの作成が積極的に行われる中で重要になるのが、如何にして対象の興味を引き、記憶に留めてもらうかということだと思います。そこで、企業プロモーション映像制作時にドローンを用いるべき3つに理由を取り上げていきます。

drone-1006886

理由1:空から全体を撮影することが可能

ドローンであれば、空から企業の施設や工場を見渡す映像を撮影することで、全体的な雰囲気を視聴者に伝達することが可能です。また、空撮を行うことで説明が難しくなりがちな「どの場所に何があるのか」ということを一目瞭然にすることができます。

参考記事:ドローンでヨーロッパ旅行♪ ヨーロッパの空撮映像まとめ

http://droneagent.jp/times/archives/253/

a0001_013865_m

理由2:ドローン独特のアングルでの空撮が可能

ドローンであれば、独特のアングルでの映像撮影が可能です。例えば、対象物に吸い込まれるかのような垂直に見下ろした映像。映像自体に迫力を持たせることができます。

junction-984045_1920

他にも、低高度に高度を落として対象物や人を間近で写した映像。集合写真なども撮影可能です。

rideau-canal-322820

このように、あまり普段目にすることが少ない独特の空撮映像を入れ込むことで視聴者の記憶に残るプロモーション映像にすることができます。

理由3:低コストでの撮影が可能

空撮でプロモーション映像を撮影するとなると「高いから無理!」と思われている方もいると思います。たしかに、ヘリコプターやセスナ機などを使うと予算は数十万から数百万円と非常に高額になります。しかし、ドローンであれば、これらと比べ低い予算での空撮ができます。

参考記事:ドローン空撮・セスナ空撮・ヘリコプター空撮、3つの長所/短所を比較してみた

http://times.droneagent.jp/archives/592/

drone-1237439

このように、ドローンであれば視聴者の興味を引き、記憶に残るプロモーション映像をお手軽に撮影することができます。企業プロモーション映像の制作が積極的に行われる中、ドローンを使ってみるというのも有用な手段だと考えられます。