沖縄はドローン空撮スポットの宝庫!5つの厳選スポットをご紹介

okinawa-1050504_1920広大な自然と数々の琉球王国から受け継がれた文化資産、そして人口が密集する都市。

沖縄と一言で言っても、その圏内にはいくつものドローン空撮で絵になるスポットが存在します。そこで本記事では、5つの沖縄ならではのドローンで空撮できるものを紹介していきます。MIYAKO85_kurimatoukaranoichibou20140725

1:美しい海

沖縄といえば「美しい海」をイメージする人も少なくはないのでしょうか。実際に沖縄県内には、本島も含め数多くの美しいビーチがあります。海をドローン空撮する場合、沖合、ビーチ、岬などの場所や時間帯、天候によって撮れる絵が変わります。

ビーチ近くのこのようなエメラルドグリーンの海。以下の動画のように、ドローン空撮では真下の撮影も可能であることから、画面に吸い込まれるかのような映像が撮影できます。

夕陽と海を1枚に収めた映像。空から太陽が沈み、夜になっていく様子を捉えることができます。

2-1200x800

2:琉球時代から受け継がれた文化遺産

沖縄県内には、琉球王国当時の面影を残す遺産がいくつも現存しています。南部の首里城跡以外にも、グスク及び関連遺産群など、沖縄全土に城跡が点在しています。ドローン空撮であれば、これらの城跡を上空から1枚の絵に収めることも可能です。

photo0000-1640

3:亜熱帯ならではの山林

沖縄県内には海以外にも美しい山林が点在しています。例えば、沖縄の大自然を本来の姿のままに残したガンガラーの谷。ガジュマルの巨木など、亜熱帯ならではのジャングルを空から撮影することができます。

他にも、落差約26mの比地大滝など、ドローンで間近から撮影することで迫力が出る場所があります。

4:沖縄ならではの文化

建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられるシーサー。対象に接近して空撮できるドローンだからこそ、シーサーを間近に映し沖縄らしさを醸し出した映像の撮影もできます。

また、沖縄の伝統芸能、エイサーの様子を空から撮影することもできます。このように、沖縄の伝統的な文化を空撮で余すことなく視聴者に伝えることができます。

okinawa-723246_1920

5:都市

最後に、沖縄県の県庁所在地である那覇市のように、都市部のビル群や美しい夜景を空撮することもできます。都市全体の絵から、特定の建物など幅広い形で都市を絵にしていくことが可能です。

YMD75_okinawamachinami_TP_V

これ以外にも、沖縄県内各地の魅力を、ドローンを用いることで手軽に空中から撮影することができます。沖縄県での空撮に関心がある方は相談してみてはいかがでしょうか。