初めての空撮用ドローン特集

趣味空撮・セルフィー向け

空撮を趣味で楽しみたい「アマチュアユーザー」の方にオススメの機体です。トイドローンと異なり、安価ながらも「空撮ドローン」としての性能をしっかり備えていますから、空撮の入門機体としても最適なのではないでしょうか。

AirSelfie

AirSelfie

46,800 円(税込)
  • カメラ性能

  • (FullHD30fps/500万画素)
  • 操作性・安定性

  • 持ち運びやすさ

  • 価格(コスパ)

  • (46,800 円/税込)

2017年5月発売。Dobbyと人気を二分する「自撮りドローン」。特徴としては、プロペラ全体を機体が完全にガードする構造になっているので万一の事故がなく安全です。

クラウドファンディングで開始から72時間で目標額を達成し話題に。たった61gという圧倒的軽さ・手頃な価格から自撮りドローン特化としては、コスパが1番良いドローンです。

Dobby

ZEROTECH製 Dobby

63,800 円(税込)
  • カメラ性能

  • (4K/1300万画素)*ただしブレ補正に難あり
  • 操作性・安定性

  • 持ち運びやすさ

  • 価格(コスパ)

  • (63,800 円/税込)

2016年10月発売。200g未満で最も有名な「自撮り(セルフィー)ドローン」。折りたたみ式で、ポケットにも入るサイズなのに、4Kの映像が撮れるということで革命的なホビードローンでした。

趣味や、イベントの時などで盛り上がるツールとしてオススメです。航空法の規制外というのが一番の強みです。ただカメラ好きで映像制作が目的の方は、ジンバルもないので、物足りないかもしれません。

DJI製 SPARK

DJI製 SPARK

54,800 円(税込)
play button
  • カメラ性能

  • 操作性・安定性

  • 持ち運びやすさ

  • 価格(コスパ)

  • (54,800 円/税込)

2017年夏発売のDJI最新ドローン。「サイズ×性能×コスパ」が非常に優れています。「セルフィー(自撮り)用」から「空撮専用」の中間にある、空撮のエントリー機としてオススメです。

DJI製Mavicの廉価版という見方もされており空撮機としては十分です。小さいので少し風に弱い欠点はありますが、同ランクの機体では最も優れたカメラ・飛行性能をもっています。

DJI製 MAVIC PRO

DJI製 MAVIC PRO

124,800 円(税込)
  • カメラ性能

  • (4K/1200万画素、Goproクラス)
  • 操作性・安定性

  • 持ち運びやすさ

  • 価格(コスパ)

  • (124,800 円/税込)

2016年10月発売以降、最もスタンダードな空撮ドローンとなりました。空撮時の水準をすべて一定以上で満たしています。10万円+αの予算感ならば本格的な空撮初心者にも最もオススメです。

DroneAgentチームでも、予算感の低いTV/CM撮影の現場であれば、Mavic Proの映像を使うこともあります。Phantomと同様にドローンパイロットを職にしている人の所有率も非常に高いです。