ドローンで屋外3Dモデルを作成する4ステップをご紹介

塚本直樹
この記事を書いた人
塚本直樹

ドローンで建物などの3Dモデルが作れる!?

3Dモデルの作成といえば、パソコン上で作業をしたり、室内でカメラ撮影を行う方法が一般的。しかしカメラを積んで飛行できるドローンなら、なんともダイナミックに屋外の建物を丸々3Dモデルに変換することができるんです。

目次

今回の手法を解説してくれるのは、Sound Visions Mediaの共同創立者のJeff Foster氏。ドローにはDJIの「Phantom 3 Professional」を選択し、3Dモデルの製作にはiOSAndroid向けにリリースされているドローン飛行&キャプチャアプリの「DroneDeploy」を利用しています。

ステップ1:適切な時間を選ぼう

Foster氏によれば、ドローンによる3Dモデル撮影で最も大切なのは、飛行させる時間帯の選択。強風や雨を避けることはもちろん、強い影が出ないように曇り空が好ましいようです。また、正午付近は太陽の影が一番短くなるのでおすすめです。

ステップ2:真上から撮影しよう

さて実際にドローンを飛行させるのですが、こちらはDroneDeployを利用すれば簡単です。ドローンを飛ばすエリアをアプリから指定すれば、アプリが自動に飛行プランを作成し、飛行と撮影を開始してくれます。

ステップ3:回りながら斜めからも撮影しよう

 

ドローンは建物の上を飛行するのですが、真下を撮影しているだけではリアルな3Dモデルは撮影できません。時にはカメラを傾けて、建物の側面を撮影する必要があります。

そこでFoster氏はカメラの角度を30度、45度と方向けて2回の追加撮影を行います。また必要ならば、さらにカメラ角度を傾けた撮影データも取得します。

ステップ4:さぁ、データを合体させよう!

お待たせしました、いよいよデータを統合させましょう。DroneDeployに撮影した大量の写真をクラウド経由で処理させ、数時間待てば全ての画像が統合された3Dモデルができあがります。

3Dモデルは下のようにドラッグ操作で視点が変えられるデータとしても、あるいは動画としても出力できます。Foster氏によれば3Dモデル作りの最初はやはり難しいそうですが、「上達のコツは練習あるのみ!」だそうですよ。

 

 

mavic2