【北海道編】ドローンの撮影スポット12選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

他県とは比較にならない広大さを誇る北海道。厳しい寒さから生まれたスケールの大きな絶景は空撮にぴったりです。今回は、北海道を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき北海道の美しい景色12選」を紹介いたします!

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。

1支笏湖

日本最北の不凍湖、支笏湖。支笏洞爺国立公園に属します。札幌から車で1時間とアクセスが良く、アクティビティも多いことから人気を集めています。平均水深は265m、最大水深は363mです。日本で2番目の深さを誇る迫力あるドローン空撮スポットです。

【場所】千歳市支笏湖

【管理団体】

支笏湖自然保護管事務所 (0123-25-2350)

林野庁 北海道森林管理局 石狩森林管理署 (011-563-6111)

休暇村支笏湖 (0123-25-2201)

【備考】国有林は石狩森林管理署といったように、場所により管理団体様が異なります。必ず確認し、手続き等についてご注意ください。人が多いところや希少な動植物のいるエリアは飛行厳禁です。遊歩道や苔の洞門も自粛してください。

2十勝清水

北海道らしい広大な緑が印象的な十勝清水。広々とした大地の美しさを伝えるにはドローン空撮が最適です。清水町内の「清水円山展望台」は映画「銀の匙」のロケ地としても知られます。

【場所】北海道上川郡清水町

【管理団体】十勝清水町役場 (0156-62-2111)

3鱒浦

流氷の接岸を間近で見られる鱒浦。国道沿いには「ビューポイントパーキング流氷街道鱒浦」があります。ドローン空撮におすすめなのは、流氷が見頃を迎える1月下旬~3月中旬です。

【場所】北海道網走市字鱒浦

【管理団体】網走市観光商工部観光課 (0152-44-6111)

【備考】大掛かりな撮影や長時間の撮影の場合、事前に連絡をしてください。強風等天候には十分注意してください。

4能取岬

オホーツク海と知床連山が見られる能取岬。流氷が見られることで有名です。映画のロケ地としても知られ、過去には「南極料理人」や中国映画が撮影されました。映画のワンシーンのようなドローン空撮映像が期待できます。

出典:網走市観光協会

【場所】北海道網走市

【管理団体】網走市観光商工部観光課 (0152-44-6111)

【備考】大掛かりな撮影や長時間の撮影の場合、事前に連絡をしてください。海沿いですので風が強い日の飛行判断は安全第一でお願いします。

5能取湖

網走国立公園内の能取湖。毎年9月頃になると、アッケシソウ(サンゴ草)によって一面が赤色に染まり、ドローン空撮にぴったりです。とりわけ卯原内地区には日本最大の群生地があり、お祭も開催されます。

出典:旅なび!網走

【場所】北海道網走市

【管理団体】網走市観光商工部観光課 (0152-44-6111)

【備考】観光客だけでなく漁業者もおりますので、十分に注意・配慮してください。多くの人が集まる時期の飛行はよりご注意ください。

6礼文島

日本最北に位置する「花の浮島」、礼文島。稚内から船で2時間という寒いロケーションゆえに、海抜0m地点から高山植物が咲き誇る珍しい離島です。300種類以上の花々が楽しめる6~8月がドローン空撮に適しています。

【場所】北海道礼文町香深村トンナイ礼文町

【管理団体】礼文町役場産業課内 礼文島観光協会 (0163-86-1001)

【備考】人が多い時間、場所、以外のみ飛行可能です。事前に(1,2週間前)飛行可能日時等、必ず確認してください。

7阿寒国立公園・オンネトー湖

北海道3大秘湖の1つ、オンネトー湖。アイヌ語の「老いた・大きな沼」が名前の由来です。時期や時間、位置などの諸条件によって、景色が全く異なって見えます。「五色沼」とも呼ばれ、訪れる度に違った表情を発見できることが魅力です。快晴時には雌阿寒岳と阿寒富士を眺めながらドローン空撮してみてください。

【場所】〒088-3200  北海道川上郡弟子屈町

【管理団体】釧路自然環境事務所 (0154-32-7500)

【備考】工作物(撮影機材、テント等)を設置する場合は許可が必要です。手続きには通常1か月がかかるので、早めに行なうよう心がけてください(特別保護地区は工作物設置不可)。車馬、動力船の使用が規制されている地域が有りますので、車道等を除き撮影の為の車馬及び動力船の使用不可です。また、オンネトー湖では船の乗入れが自粛となっているので、その上で回収できる範囲での飛行になります。冬期は道路が閉鎖されるため撮影不可です。

8野付半島

日本最大の砂嘴、全長26kmの野付半島。砂嘴とは、海上に長く突き出た地形のことです。珍しいトドワラやナラワラなどの枯死した木々をドローン空撮できます。毎年6月頃からゴマフアザラシが見られることでも人気のエリアです。

出典:別海町観光協会

【場所】北海道標津郡標津町〜野付郡別海町

【管理団体】

別海町役場商工観光課 (0153-75-2111)

北海道森林管理局  (050-3160-6286)

野付半島ネイチャーセンター (0153-82-1270)

【備考】国有林は森林局の許可が必要等、場所により許可手続きの先や内容が異なる場合がありますので、要確認でお願いします。

9地球岬

100m前後の断崖絶壁が連なる絶景エリア、地球岬。渡り鳥を狙うハヤブサの営巣地としても知られます。高さ130mの断崖絶壁には太平洋を望む展望台があります。北海道の自然100選で得票第1位を獲得したお墨付きのドローン空撮スポットです。

出典:室蘭市役所

【場所】〒051-0003  北海道室蘭市母恋南町4-77

【管理団体】

室蘭海上保安部 (0143-23-0118)

室蘭市役所 港湾部 (0143-22-3191)

室蘭市役所 経済部観光課 (0143-25-3320)

10白鳥大橋

室蘭市のシンボル、白鳥大橋。室蘭港の別名「白鳥湾」から名付けられました。全長1,380mという長さは東日本で1番です。橋は巨大で市内のほとんどの場所から見られます。ドローンで迫力ある橋の全景を撮影してみてください。

出典:おっと!むろらん

【場所】北海道室蘭市陣屋町3丁目〜祝津町2丁目

【管理団体】

室蘭海上保安部 (0143-23-0118)

室蘭市役所 港湾部 (0143-22-3191)

室蘭市役所 経済部観光課 (0143-25-3320)

国土交通省 北海道開発局 室蘭開発建設部(0143-22-9171)

【備考】国道なので、海上保安部、市役所に加え、国交省にも事前に一報入れた方が良いかもしれません。風が強いことがありますので、十分ご注意ください。

11トッカリショ

高さ100m前後の切り立った断崖絶壁から海を一望できるトッカリショ。名前はアイヌ語の「トカル・イショ(アザラシの岩)」に由来します。崖の上を覆うクマザサが青い海に映えるドローン空撮スポットです。

出典:おっと!むろらん

【場所】〒051-0003  北海道室蘭市母恋南町3丁目

【管理団体】

室蘭海上保安部 (0143-23-0118)

室蘭市役所 港湾部 (0143-22-3191)

室蘭市役所 経済部観光課 (0143-25-3320)

12四季彩の丘

美瑛町を代表する観光地、四季彩の丘。美瑛町は「日本で最も美しい村」連合に加盟する自然豊かな町です。美しい花畑や雪で遊べるスノーランドなど、ドローン空撮したい風景で溢れています。

出典:四季彩の丘

【場所】〒071-0473  北海道上川郡美瑛町新星第三

【管理団体】四季彩の丘 (0166-95-2758)

【備考】花畑の見頃は7~9月頃。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者に気をつけて安全なフライトをしましょう。

東京海上日動ドローン保険