【岩手編】ドローンの撮影スポット12選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

全国2番目の面積を誇る岩手県。全域が豪雪地帯です。ウィンタースポーツの大会が多く開催されています。盆地や海岸部が目立つ一方で、山地や丘陵地も特徴的な岩手県には、ドローン空撮に適した美しい景勝地が遍在しています。今回は、岩手県を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき岩手県の美しい景色12選」をご紹介!

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。 

1御箱崎千畳敷

広範囲に敷かれたように見える花崗岩が特徴的な御箱崎千畳敷。箱崎半島の先端、陸中海岸を代表する御箱崎の南側に位置します。海の青がとりわけ美しい、手つかずの自然が多く残る海岸です。晴れた日にドローン空撮すれば、綺麗な海の姿と花崗岩が目を引く千畳敷とのコントラストが映えるかもしれません。

出典:かまなび

【場所】〒026-0303 釜石市箱崎町御箱崎 三陸復興国立公園

【管理団体】

環境省 大船渡自然保護官事務所(0192-29-2759) 

釜石警察署 経理課(0193-25-0110)

【備考】釜石警察署へ事前に連絡してください。

2浄土ヶ浜 

三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心地、浄土ヶ浜。陸中海岸と宮古市を代表する。鋭く尖った白い流紋岩がいくつも海から顔を出し、1つ1つが違った表情を見せます。松の緑や岩肌の白、海の群青、そして晴天の紺碧などに彩られたドローン空撮スポットです。天和年間(1681~1684年)に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことが名前の由来だと言われます。

出典:宮古旅手帳

【場所】〒027-0001 宮古市日立浜町32番地ほか 三陸復興国立公園

【管理団体】

宮古市役所 商業観光課 (0193-68-9091) 

環境省 宮古自然保護官事務所(0193-62-3912)

3トドヶ崎

本州最東端、重茂半島のトドヶ崎。1902年に建てられたトドヶ埼灯台があります。現存する33.72mの灯台は、太平洋戦争終戦間際に被災し、1950年に復旧されたものです。視界を遮る物が何もなく、太平洋が水平線までずっと続く絶好のロケーションでドローン空撮できます。昭和32年の木下恵介監督の映画『喜びも悲しみも幾歳月』は、戦前・戦後を通じトドヶ埼灯台で過ごした灯台守の妻、田中キヨさんの手記を元に制作されたものです。

出典:宮古市役所

【場所】〒027-0096 宮古市重茂第9地割大平

【管理団体】宮古市役所 商業観光課 (0193-68-9091) 

【備考】東日本大震災の影響により、与奈~種刺海岸~トドヶ埼灯台間の遊歩道が利用できないため、ご注意ください。

4岩洞湖

岩手県盛岡市藪川、丹藤川に建設された岩洞ダムのダム湖、岩洞湖。ダム湖百選に選ばれた人造湖です。新緑や紅葉が美しく、外山早坂高原県立自然公園にも指定されています。堆砂の進行が遅いダム湖の1つです。無策で放置した場合、約70万年経たなければ堆砂容量が満杯にならないと試算されています。紅葉の見頃である10月中旬がドローン空撮におすすめです。

出典:じゃらんnet

【場所】〒028-2711 盛岡市玉山区薮川字亀橋

【管理団体】盛岡広域フィルムコミッション(019-604-3300)

【備考】イベントなどによっては参加者や観客の安全確保のため,飛行自体を控えてください。多数の人が集まる場所での撮影は危険が伴うため、事前に近隣住民への説明を行うか、撮影を控えてください。ドローン空撮の際には、各撮影希望場所の管理者に事前に相談し、必要な手続きをしてください。盛岡観光コンベンション協会内盛岡広域フィルムコミッションが盛岡広域の撮影許可手続きや、ロケ地情報の提供等を行ってます。

5御所湖

上流から流れ込む雫石川を塞き止めてできた巨大な人造湖、御所湖。国土交通省・水資源機構所管のダム湖で年間湖面利用者数が第1位です。湖上ではウインドサーフィンやボートセイリングが盛んに行われ、周辺には釣りやスポーツが楽しめる施設もあります。ロードレース大会など、多くのイベントが開催される場所です。ダム湖百選に選定されています。ドローン空撮に適した見晴らしの良い美しい景観です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒020-0055 盛岡市繋

【管理団体】盛岡広域フィルムコミッション(019-604-3300)

【備考】イベントなどによっては参加者や観客の安全確保のため,飛行自体を控えてください。多数の人が集まる場所での撮影は危険が伴うため、事前に近隣の住民への説明を行うか、撮影を控えてください。ドローン空撮の際には、各撮影希望場所の管理者に事前に相談し、必要な手続きをしてください。盛岡観光コンベンション協会内盛岡広域フィルムコミッションが盛岡広域の撮影許可手続きや、ロケ地情報の提供等を行ってます。

6北山崎

200m前後の断崖絶壁が続く北山崎。海のアルプスと呼ばれます。JTBの観光資源評価では日本一の海岸美と評価される景勝地です。奇岩怪石や大小様々な海蝕洞窟といったダイナミックな海岸線が約8kmにも渡ります。毎年6月中旬頃、海岸では珍しい高山植物シロバナシャクナゲの白い花が見られます。太平洋の荒波が押し寄せる美しい海岸はドローン空撮にぴったりです。

出典:田野畑村役場

【場所】〒028-8402 下閉伊郡田野畑村北山

【管理団体】

田野畑村役場(0194-34-2111)

環境省 宮古自然保護官事務所(0193-62-3912) 

【備考】事前に環境省へ連絡し許可を得てください。人が集まる場所(北山崎展望台、鵜の巣断崖展望台)でのドローン空撮は、込み合う時間帯を避けてください。

7鵜の巣断崖

北三陸を代表する景勝地、鵜の巣断崖。弓状にえぐられた200mの断崖が5列に連なって、巨大な屏風を立てかけたように見えます。足元がすくわれるような圧倒的な高さです。崖の中腹にウミウの巣があることが名前の由来です。崖の下は砂浜となっています。吉村昭氏の人気小説『星への旅』は、鵜の巣断崖からヒントを得たとされます。北山崎とともに撮影すべき、迫力あるドローン空撮スポットです。

出典:じゃらんnet

【場所】〒028-8405 下閉伊郡田野畑村真木沢

【管理団体】

田野畑村役場(0194-34-2111)

環境省 宮古自然保護官事務所(0193-62-3912) 

【備考】事前に環境省へ連絡し許可を得てください。人が集まる場所(北山崎展望台、鵜の巣断崖展望台)でのドローン空撮は、込み合う時間帯を避けてください。

8釜淵の滝

宮沢賢治ゆかりの地の1つ、釜淵の滝。宮沢賢治作『台川』では「苔がきれいにはえてゐる。実に円く柔らかに水がこの瀑のところを削ったもんだ。 」との記述が残っています。高さは8.5m、幅は30mの優しい印象を受ける滝です。名前の由来については、岩の中腹にある10個ほどの大穴が炊飯釜のような形であるからという説や、岩盤が炊飯釜を伏せたような形をしているからという説があります。宮沢賢治の詩や童話のモデルが多い花巻市で、ゆかりの地を巡りながらドローン空撮してはいかかがでしょうか。

出典:じゃらんnet

【場所】〒025-0304 花巻市湯本

【管理団体】

花巻市役所 観光課(0198-24-2111 )

花巻警察署(0198-23-0110)

【備考】人の多い場所等は警察署の許可を得てください。

9緒ヶ瀬の滝

高さ17mから一気に滝壺へと水が落下する緒ケ瀬の滝。台川の支流に位置します。水量が少ない場合、流れが2股に別れて、下へ行くにつれて幅が広くなります。かつては信仰の対象になっていました。滝の隣には不動尊が祀られています。上述の釜淵の滝と同様に、花巻市でドローン空撮可能な滝です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒025-0304 花巻市湯本

【管理団体】

花巻市役所 観光課(0198-24-2111 )

花巻警察署(0198-23-0110)

【備考】人の多い場所等は警察署の許可を得てください。

10千沼ヶ原

八幡平国立公園内最大の湿原として知られる千沼ヶ原。大小無数の池沼が名前の由来です。湿原には池塘が900個以上あると言われています。池塘とは泥炭層に形成される池沼のことです。周囲をアオモリトドマツ林に囲まれています。湿原特有の色鮮やかな高山植物が見られるドローン空撮スポットです。

出典:しずくいろ

【場所】岩手郡雫石町 八幡平国立公園

【管理団体】

環境省 盛岡自然保護官事務所(019-621-2501)

林野庁 東北森林管理局 盛岡森林管理署(019-663-8001 )

【備考】林野庁へ、所定の入林届に国交省許可書添付して2週間前までに提出する必要があります。人の多い時間帯、墜落時に回収できない場所や回収の際に動植物を傷つける可能性がある場所は避けてください。

11鳥越の滝

滝ノ上温泉の名前の由来となった鳥越の滝。葛根田渓谷から上って約20分地点にあります。落差約30mで、全体を近くの道路から見下ろせます。渓谷の至るところで、湧出した温泉や蒸気による白い湯気が見られます。硫黄の匂いに包まれている場所です。温泉の湯気と滝が織り成す珍しい光景をドローン空撮してみてください。

出典:じゃらんnet

【場所】〒020-0584 岩手郡雫石町西根 八幡平国立公園

【管理団体】

環境省 盛岡自然保護官事務所(019-621-2501)

林野庁 東北森林管理局 盛岡森林管理署(019-663-8001 )

【備考】林野庁へ、所定の入林届に国交省許可書添付して2週間前までに提出する必要があります。人の多い時間帯、墜落時に回収できない場所や回収の際に動植物を傷つける可能性がある場所は避けてください。冬季(11月下旬~4月下旬)は車両通行止めのため、見学はできませんのでご注意ください。

12焼石岳

奥州市の西、和賀郡西和賀町との境に位置しする焼石岳。標高は1,547mです。登山道の標高1300mから上部にかけて広い高原があります。高原では遅くまで雪が残り、一部が湿地となっています。雪解け頃にはヒナザクラやエゾウサギギクなど色とりどりの花々が見られます。キバナシャクナゲ、クロユリなどは、本州では焼石岳のみで確認できる北方系の植物です。貴重な植物群をドローン空撮できます。

出典:ヤマケイオンライン

【場所】奥州市~和賀郡西和賀町

【管理団体】奥州市役所(0197-46-2111)

【備考】事前に上記へ必ず連絡をし、許可手続きについて相談をしてください。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者には気をつけて安全なフライトをしましょう。

東京海上日動ドローン保険