【京都編】ドローンの撮影スポット16選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

日本を代表する古都、京都府。歴史の詰まった神社仏閣が有名ですが、いわゆる観光スポットが集まる京都市内を少し離れると、多くのドローン空撮スポットが待っています。今回は、京都府を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき京都府の美しい景色16選」をご紹介いたします!

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。 

1.天橋立

言わずと知れた日本三景の1つ、天橋立。全長3.3km、幅40~100mの砂州上に6,000本以上もの松が並びます。傘松公園側からは斜めになった数字の1に見えることから「斜め一文字」、文殊山山頂からは龍が天に登るように見えることから「飛竜観(ひりゅうかん)」とも呼ばれます。空からの天橋立がどのように見えるかは、ドローン空撮で確かめてみてください。

出典:天橋立観光ガイド

【場所】〒629-2244  京都府宮津市天橋立

【管理団体】

宮津市役所(0772-22-2121)

宮津警察署 生活安全課(0772-25-0110)

【備考】景勝地であることから、管轄である京都府に確認をとってください。国土交通省の許可証ありの場合でも、宮津警察署の生活安全課への任意の連絡をした方が良いです。

2.金引の滝

京都で唯一日本の滝100選に選ばれている金引の滝。高さ約40m、幅約20mの名爆です。流れる水は地面とぶつかり、爽やかな水しぶきを広がります。左右に分かれて流れ落ちる滝は、右側が「男滝」、左側が「女滝」と呼ばれています。

出典:天橋立観光ガイド

【場所】〒626-0034 宮津市字滝馬

【管理団体】宮津警察署 生活安全課(0772-25-0110)

【備考】許可証ありの場合でも、宮津警察署の生活安全課への任意の連絡をした方が良いです。

3.伊根の舟屋

海際の平地に連なる2階建ての建物群、伊根の舟屋。重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。舟屋の構造は特徴的で、1階が船のガレージ、2階が居間です。とりわけ古いものは江戸後期に建てられました。200を超える舟屋が立ち並ぶ様子は壮観で、ドローン空撮にぴったりです。

【場所】〒626-0423 京都府与謝郡伊根町

【管理団体】伊根町観光協会 伊根町ロケーションサービス

【備考】舟屋は個人の持ち物です。了解もなく、近寄りすぎることは所有者にとって不愉快な思いをさせます。モラルをもって、節度ある行動をお願いします。

4.八条ヶ池

長岡天満宮境内の東側に位置する八条が池。1638年、当時の領主であった八条宮に命じられ作られました。4月上旬まで池周辺の遊歩道では桜が満開になります。東堤では4月後半から5月初旬にかけて、キリシマツツジが綺麗に咲き誇り、ドローン空撮におすすめです。

出典:長岡天満宮

【場所】〒617-0824 長岡京市天神二丁目地内

【管理団体】長岡京市役所

5.大江山雲海

標高833mの大江山で見られる雲海。夜と早朝の寒暖差で生じた霧が「雲」に見えることが雲海の由来です。日の出前後の太陽に照らされた風景は、見る者の心に焼き付く、ドローン空撮すべき絶景です。大江山には鬼の伝説が現在も残る鬼嶽稲荷神社があります。

出典:じゃらんnet

【場所】〒620-0327 福知山市大江町北原

【管理団体】福知山市役所 京都府中丹西土木事務所(0773-22-5116)

【備考】事前に地元自治会(二瀬川渓流:佛性寺、大江山雲海:北原)に連絡する必要があります。2週間前を目処に、日程が決まり次第、福知山市役所大江支所へ連絡してください。企画書や国土交通省の許可証等がありましたら提出してください。大江山周辺が、「丹後天橋立大江山国定公園」に指定されており、府道にもかかるため、京都府の許可が必要になるかもしれません。問い合わせ先は京都府中丹西土木事務所。

6.七谷川

桜の名所として知られる七谷川。全長2.2kmの散歩道「和みの未知」は、1,500本もの桜が咲き誇るドローン空撮スポットです。春の桜開花期間中は夜間のライトアップもあり、日中とは違った姿が見られます。

出典:じゃらんnet

【場所】〒621-0001 亀岡市千歳町

【管理団体】亀岡市役所 産業観光部 産業戦略課 観光企画係(0771-25-5034)

7.離湖

周囲3.8kmを誇る京都最大の淡水湖、離湖。京都の自然200選に選出された景勝地です。春には300本もの桜が花開き、ドローン空撮に最適な桜の名所となります。毎年3月下旬頃からはライトアップもされます。

出典:京都府

【場所】〒629-3113 京都府京丹後市網野町小浜

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

8.久美浜湾

日本海から砂州で隔てられた周囲28kmの潟湖、久美浜湾。荒れやすい日本海とは対照的に湾内は穏やかで、カキ・ハマチ・クルマエビなどの養殖が行われています。湾の周辺は自然がいっぱいで、ドローン空撮すべき美しい風景が広がっています。

出典:京丹後ナビ

【場所】〒629-3422 京都府京丹後市久美浜町

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

9.小天橋

久美浜湾の北部に位置する小天橋。天橋立に似た風景が楽しめることが名前の由来です。全国水浴場88選に選ばれた「小天橋海水浴場」があり、夏場は海水浴客で賑わいます。昔ながらの漁師町が感じられる風光明媚なドローン空撮スポットです。

出典:小天橋観光協会

【場所】〒629-3422 京都府京丹後市久美浜町

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

10.立岩

20mもの高さを誇る柱状玄武岩の自然岩、立岩。聖徳太子の異母弟とされる麻呂子親王が鬼退治をした際に、天から降りてきた大岩に鬼を封じ込めたという伝説が残ります。上空からドローンで捉えた迫力ある景色は圧巻です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

11.丹後松島

日本海の岩島と松、丹後松島。仙台の日本三景、松島に似た姿から丹後松島と呼ばれるようになりました。リアス式海岸沿いに連なる島々が美しく、ドローン空撮におすすめです。京都自然200選に選ばれています。

「丹後松島」

出典:海の京都

【場所】〒627-0001 京都府京丹後市丹後町

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

12.袖志の棚田

日本海に面した扇状地に広がる400枚もの棚田、袖志の棚田。日本の棚田百選に選出され、集落には半農半漁の営みが残っています。階段状の棚田が海や山と織りなす美しい景色はドローン空撮にぴったりです。

出典:海の京都

【場所】〒627-0245 京丹後市丹後町袖志

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

13.霧降の滝

水しぶきが霧となって降り注ぐ霧降の滝。20mの高さから落ちる水が岩肌にぶつかって霧になります。京丹後市指定文化財に指定されている、ドローン空撮に適した迫力ある滝です。

出典:ようこそあみの町へ

【場所】〒629-3136 京都府京丹後市網野町新庄

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

【備考】撮影場所の地元区等へ事前にお知らせしたうえで
撮影する場合が多いようです。網野町が住宅密集地のため、国交省への申請手続きが必要な地域です。

14.夕日ケ浦海岸

日本の夕陽100選に選ばれた名勝地、夕日ケ浦海岸。海岸から望む夕日は抜群に美しく、全国から多くの人々が訪れます。鮮やかなピンク色の夕焼けをみることができる春から夏にかけてがおすすめの撮影シーズンです。

出典:京丹後ナビ

【場所】〒629-3245 京都府京丹後市網野町浜詰

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

【備考】撮影場所の地元区等へ事前にお知らせしたうえで
撮影する場合が多いようです。網野町が住宅密集地のため、国交省への申請手続きが必要な地域です。

15.琴引浜

鳴き砂が残る琴引浜。足で砂をすると、砂粒を踏んだ摩擦で琴を引くような音がします。鳴き砂は汚れた砂浜には存在せず、綺麗な浜辺の証でもあります。世界初の禁煙ビーチであり、日本の白砂青松100選、日本の渚百選、日本の音風景100選に選ばれています。無類の美しさを誇る砂浜をドローン空撮できるエリアです。

出典:じゃらんnet

【場所】 〒629-3112 京都府京丹後市網野町網野町掛津

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

【備考】撮影場所の地元区等へ事前にお知らせしたうえで
撮影する場合が多いようです。網野町が住宅密集地のため、国交省への申請手続きが必要な地域です。

16.経ヶ岬灯台

丹後半島最北端、海抜140mの断崖にある経ヶ岬灯台。1898年以来、日本海を見守っています。日本三大灯台の1つで、全国でも5台しか存在しない第一等レンズの使用された貴重な灯台です。ドローンであれば白亜の灯台とリアス式海岸を上空からまとめて映像に収めることができます。

出典:じゃらんnet

【場所】〒627-0245 京都府京丹後市丹後町袖志

【管理団体】京丹後市役所(0772-69-0001)

【備考】撮影場所の地元区等へ事前にお知らせしたうえで
撮影する場合が多いようです。網野町が住宅密集地のため、国交省への申請手続きが必要な地域です。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者には気をつけて安全なフライトをしましょう。

東京海上日動ドローン保険