【長野編】ドローンの撮影スポット19選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

日本の中心に位置し、多くの景勝地や観光地を有する長野県。ドローン空撮スポットも数多く存在します。もっとも隣接県が多い県でもある長野県は様々な地域からのアクセスが良く、多くの方が訪れやすいのではないでしょうか。今回は「ドローンで空撮すべき長野県の美しい景色19選」を紹介いたします。

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としています。撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。

1別所温泉

信州最古の温泉、別所温泉。降雨量が少なく、様々な撮影に適した上田市にあります。春夏秋冬、四季もしっかりとしていてそれぞれのシーズンが全て撮影向きですが、もっともおすすめの時期はやはり紅葉の秋、新緑の春です。別所温泉では外湯めぐりや神社仏閣などの散策が楽しめます。昔から映画やドラマのロケ地にもなっており、ドローンを使用しての撮影にも馴染む場所かもしれません。

出典:信州上田観光情報

【場所】上田市別所温泉

【管理団体】別所温泉観光協会 (0268-38-3510)

【備考】現状ガイドラインはないため、企画ごとに対応します。上田市観光課もしくは上田市フィルムコミッションを通じて協議をお願いします。

2野沢温泉村

長野県北東部に位置する温泉地、野沢温泉村。温泉のみならず国内屈指の規模を誇るスキー場も有しています。ドローン空撮をするには雪景色が眩い冬が映えます。もちろん冬だけではなく、新緑がいっせいに芽吹く春やスキー場内を利用したトレッキングやMTBによるダウンヒルが楽しめる夏、紅葉の秋などと1年を通して被写体に恵まれた土地でもあります。

出典:THE信州

【場所】下高井郡野沢温泉村

【管理団体】

野沢温泉村 観光産業課 (0269-85-3114)

スキー場内の撮影:(株)野沢温泉(mail:info@nozawaski.com、電話:0269-85-3166)

麻釜(おがま)などの温泉関係:自治組織の野沢組(mail:sodai@nozawakai.or.jp、電話:0269-85-3505)

【備考】撮影前に上記へ相談してください。

3松本城

長野県を代表する名城、松本城。現在は多くの観光客が訪れる人気の国宝となっています。現存する最古の五重六階の木造天守ということで高い建物です。その高さゆえ、ドローン空撮にも適しているお城と言えるでしょう。

出典:松本城

【場所】松本市 丸の内4番1号

【管理団体】松本城管理事務所  ( 0263-32-2902)

【備考】ドローンの使用は都市公園条例に基づき認られませんが、テレビや映画制作会社等からの撮影依頼については「松本市観光コンベンション協会(0263‐34‐3295)」へ撮影の1ヵ月から2カ月前までに連絡し許可が得られれば撮影可能です。なお、撮影し制作した成果品は、松本城管理事務所に無償で提供する必要があります。

4旧開智学校

教育博物館として公開している重要文化財である旧開智学校。明治6年に開智学校の校名で廃寺を仮校舎として開校した建物で、移転後に昭和40年から博物館として使用されています。日本で初めて重要文化財の指定を受けました。保存されている各種の教育資料は質・量とも日本一ともいわれていますが、その外観も目を引くものがあり、ドローン空撮に適しているでしょう。

出典:信州ナビ

【場所】〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号

【管理団体】松本市立博物館 (電話0263-32-0133 /FAX0263-32-8974)

【備考】松本城同様ドローンの使用は都市公園条例に基づき認られませんが、学術調査、メディアの取材、映画撮影など、公益に資するものについては「松本市観光コンベンション協会(0263‐34‐3295)」へ撮影の1ヵ月から2カ月前までに連絡し許可が得られれば撮影可能です。なお、撮影し制作した成果品は、松本市立博物館に無償で提供する必要があります。

5白糸の滝

白糸ハイランドウェイの道中にある、幅が広く綺麗な白糸の滝。70mにも及ぶその横幅から降り注ぐ滝は繊細で、まさに水が紡ぐ糸のよう。最近はプロジェクションマッピングも開催され、さらなる話題を呼んでいます。ドローン空撮におすすめの季節は滝がより美しく映える春と秋です。

出典:軽井沢ナビ

【場所】〒389-0111 長野県北佐久郡 軽井沢町長倉

【管理団体】白糸ハイランドウェイ (0267-31-0070)

【備考】軽井沢観光経済課(kto@town.karuizawa.nagano.jp)への連絡も必要となります。

6戸隠神社

2000年もの歴史を持つ長野県有数の神社、戸隠神社。複数の社と参道を抱え、戸隠山を背景とする雄大な自然に囲まれています。古く平安時代から文献に記録が残っている由緒ある場所でのドローン空撮はいかがでしょうか。

okushanamiki.jpg

出典:戸隠神社

【場所】〒381-4101 長野県長野市 戸隠3506

【管理団体】 戸隠神社 (026-254-2001)

【備考】原則不可だが、企画内容によっては許可。 戸隠神社社務所への連絡のみで可。

7妻籠宿

歴史ある中山道の42番目の宿場町、妻籠宿。地域の人々の努力によって保存されてきた町並みは非常に貴重で、江戸時代の面影を現代に伝えています。四季を感じられる歴史ある町並みは見た者の心に色濃く残ることでしょう。そんな町並みをドローンで撮影できる珍しいスポットです。

http://tumago.jp/blog/items/20170602132258.jpg

出典:妻籠観光協会

【場所】〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻2159−2

【管理団体】妻籠を愛する会 妻籠観光協会

【備考】妻籠を愛する会(tumakai@ju.kiso.ne.jp)へ事前に連絡をお願いします。 事前審査は3週間ほど前に連絡が必要です。

8乗鞍岳

松本市と岐阜県の高山市にまたがる連峰。山頂付近までシャトルバスの送迎があり、アクセスに便利です。観光が盛んな乗鞍高原に位置し、観光客で賑わっています。3000m級の高山でのドローン空撮は一層の絶景が望めるでしょう。

出典:のりくら観光協会

【場所】松本市

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

9梓川

平均標高1500mの上高地にある美しい梓川。都会の喧騒から離れて癒されるにはぴったりで、夏は暑さを逃れるにもちょうどいい立地です。梓川沿いはハイキングのコースにもなっていて、周囲の自然を感じながらドローンを飛ばすことができます。写真には入っていませんが、梓川には有名なかっぱ橋も架かっていて、空撮にぴったりです。

出典:上高地旅行情報・観光ガイド

【場所】松本市

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

10三本滝

左側の「無名沢の滝」、中央を通る「本沢の滝」、右側の「クロイ沢の滝」を一度に眺めることができる三本滝。落差は約50~60mで、それぞれの水源が異なっています。3つの滝には各滝ごとの特徴もあって見ているだけでも楽しい場所でしょう。日本の滝百選にも選ばれています。3本の滝が同時に見られる珍しいスポットをぜひドローンで撮ってください。

出典:のりくら観光協会

【場所】〒390-1520 長野県松本市安曇 乗鞍高原

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

11善五郎の滝

標高約1500mに位置し、水しぶきがよく感じられる滝壺まで近づける善五郎の滝。水の落ち方にムラがないため、形が特徴的で面白いです。滝の向きが東向きで、虹が現れやすいスポットでもあります。年間を通して人気がありますが、冬には氷瀑となってまた別の姿を見せてくれます。滝壺付近からドローンを飛ばすのもいいですが、滝の向かい側に展望スポットがあるので、そちらから撮影するのも良いかもしれません。

出典:のりくら観光協会

【場所】〒390-1513 長野県松本市安曇4306−3−地先

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

12番所大滝

荒々しく落ちる大きな番所大滝。ここまでご紹介した滝とは異なる荒々しさが特徴です。上記2つの滝と合わせて「乗鞍三名滝」と言われており、乗鞍を代表する名所の1つです。岩肌を激しく落ちていく滝の水しぶきは圧巻で、展望台からも望むことができます。「乗鞍三名滝」の全てをドローンでカメラに収めてみてはいかかでしょうか。

出典:のりくら観光協会

【場所】〒390-1506 長野県松本市安曇乗鞍高原

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

13美鈴湖

当初は農業用水を確保するために造られたため池だった美鈴湖。古くは松本藩によって築かれた芦の田池でした。現在は釣りなどのレジャーに利用され、浅間温泉街から近く、人々から親しまれています。次にご紹介する美ヶ原高原からのアクセスも容易ですので、併せてドローン空撮するのもおすすめです。

出典:さわやか信州旅.net

【場所】松本市

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

14美ヶ原高原

長野県中央部にまたがる台地の総称。長野県を代表する自然豊かな高原の1つでもあります。八ヶ岳中信高原国定公園の一部をなし、訪れる人はその雄大な風景に圧巻されます。絶景だけではなく歴史もあり、黒曜石を発掘加工していた古代の跡も見つかっています。牧場や美術館がある観光地としても有名なこの場所でドローンを飛ばしてみませんか。松本市や北アルプスはもちろん、天気が良いと富士山まで見渡すこともできます。

出典:長野県松本市ロケーションガイド

【場所】松本市

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

15藤池百体観音

約100体もの観音像が並ぶ藤池百体観音。江戸時代に流行した三十三番札所めぐりに行けない庶民が、西国・秩父・坂東の3巡礼をなぞらえて三十三番札所めぐりの代わりとした石像群です。大量の石像が一度に見られる光景をぜひドローンで空撮してみてください。観音像を撮影することで、当時の人々の観音信仰に思いを馳せてみましょう。

出典:松本のたから

【場所】〒399-7411 長野県松本市中川7887

【管理団体】松本市役所 商工観光部(0263-94-2307)

【備考】国交相と環境省の許可を得ていれば、申請が不必要となります。

16男滝女滝

吉川英治の小説「宮本武蔵」の舞台にもなった山中にある静かな男滝女滝。作中では武蔵とお通のロマンスの場として登場しました。写真の左が男滝で、右が女滝です。滝壺に金の鶏が舞い込み、そこから時を告げる鶏の声がしたという倉科様伝説も残っています。この滝でドローン空撮をすれば神秘的な映像が撮れることでしょう。

出典:さわやか信州旅.net

【場所】〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻

【管理団体】南木曽町役所(0264-57-2001)

【備考】許可は必要なし。不明点があれば南木曽町の村役場へ連絡をお願いします。

17柿其渓谷

木曽路の渓谷の中でも有数の美しさをもつ柿其渓谷。林道を歩くことができ、吊橋からは綺麗な水の流れが楽しめます。いくつもの見所がある景勝地ですが、恋路のつり橋や牛ヶ滝のある遊歩道が特におすすめです。春にはツツジやシャクナゲが、秋には紅葉が美しい渓谷であるため、ドローン空撮の際には春や秋を狙ってみてください。

出典:ぶらり南木曽

【場所】〒399-5301 長野県木曽郡南木曽町読書本谷

【管理団体】南木曽町役所(0264-57-2001)

【備考】許可は必要なし。不明点があれば南木曽町の村役場へ連絡をお願いします。

18田立の滝

大滝川の峡谷にかかる無数の滝の総称である田立の滝。長野県の名勝にも指定されています。歩きながら複数の滝が楽しめる涼やかな場所で、ドローンを飛ばせばいくつもの滝を映像に収めることができるでしょう。写真はいくつかの滝の中でも特に美しい「天河滝」です。暑さを避けて水と木々を感じながらの滝巡りはいかがでしょうか。

出典:ぶらり南木曽

【場所】〒399-5303 長野県木曽郡南木曽町田立大野正兼

【管理団体】南木曽町役所(0264-57-2001)

【備考】許可は必要なし。不明点があれば南木曽町の村役場へ連絡をお願いします。

19巣栗渓谷

美ヶ原高原の東に位置する武石川上流にある巣栗渓谷。恵まれた自然を思う存分に楽しむための観光センターもあり、様々な施設が充実しています。岩は苔むして水の流れが清らかなこの渓谷では、綺麗な自然をドローンで撮影できます。

出典:上田市役所

【場所】〒386-0000  長野県上田市武石上本入

【管理団体】

武石地域自治センター 産業建設課 (0268-85-2828)

上田市役所 農林部 森林整備課 森林整備担当(0268-23-5124 )

【備考】関係自治会には役所から連絡するため事前の連絡が必須。撮影した映像のその後の用途についても事前に伝えること。また、松茸シーズン(8月中旬~11月中旬)は観光客が多いため避ける必要があります。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者に気をつけて安全なフライトをしましょう。

 

 
 
東京海上日動ドローン保険