【長崎編】ドローンの撮影スポット11選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

古くからヨーロッパを中心に諸外国との交流が盛んであった長崎県。日本におけるキリスト教の始まりであるここは、他の都道府県とは異なる、異国情緒溢れた歴史を感じられる場所です。 坂道が多いとも言われる長崎県。そんな起伏の激しい土地だからこそ、様々な角度からの撮影が可能なドローン空撮でこそ、その魅了を伝えることができます。

目次

古くからヨーロッパを中心に諸外国との交流が盛んだった長崎県。日本におけるキリスト教始まりの地です。異国情緒溢れるドローン空撮スポットが点在しています。 坂道が多く起伏の激しい土地だからこそ、様々な角度から撮影可能なドローンが役立ちます。 今回は長崎県を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき長崎県の美しい景色11選」をご紹介いたします!
※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。 

1端島・軍艦島

軍艦のように見えることから、「軍艦島」として知られる端島。明治から昭和にかけて海底炭鉱で栄え、当時の人口密度は東京以上でした。1974年に閉山となり、島民が去って以降は無人島となっています。本来は南北約320m、東西約120mの小さな瀬でしたが、6回の埋め立て工事によって約3倍の南北約480m、東西約160mに拡張されました。1949年の映画「緑なき島」のタイトル通り、当時から植物が少なく、敷地のほとんどは建物で埋め尽くされていました。緑豊かな離島とは全く違う珍しい景色をドローン空撮できるでしょう。

出典:パラダイスリゾート株式会社

【場所】長崎市

【管理団体】長崎市役所 文化観光部 観光推進課(095-829-1314)

【備考】建物の上空、接近の撮影は禁止です。「端島・軍艦島」の上陸は申請が必要になります。「上陸許可」は撮影したものをどのように使うのかが審査対象になります。

2辰の島

壱岐市の北西に位置する辰の島。夏の海水浴シーズンのみ、勝本港から島への渡海船が出ています。高さ50mもの断崖絶壁や、蛇ケ谷と透明なエメラルドグリーンの海とのコントラストが美しい島です。高低差のある迫力の風景もドローンであればしっかりと映像に収められるでしょう。白いビーチは南国のように美しく輝き、観光客に人気の高いスポットです。

出典:Travel.jp (写真:菊原 朝香)

【場所】〒811-5512 長崎県壱岐市勝本町東触2790

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。 

3半城湾の山桜

真珠やカキの養殖が行われている半城湾。毎年3月末から4月頭には桜が湾を彩ります。桜とその花々が水面に映る美しい姿を見るために多くの人々が訪れるこの時期には遊覧船も就航します。海辺に咲く山桜という珍しい風景をぜひドローン空撮してください。

出典:ながさき旅ネット

【場所】長崎県壱岐郡郷ノ浦町鷹ノ巣と佐々連石を結ぶ線及び陸岸により囲まれた海域。

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

4牧崎公園・鬼の足跡

海に面した高さ30m・周囲110mの大穴、鬼の足跡。デイという大鬼が壱岐をまたいで鯨を獲った際にできた足跡だという話が名前の由来です。辰の島の蛇ヶ谷には、もう片方の足跡と言われる穴があります。その正体は波の浸食作用で長い時間をかけて海蝕洞の先端部が陥没してできた穴です。その巨大さが一層伝わる映像を撮る手段としてドローンは最適です。

出典:ながさき旅ネット

【場所】〒811-5154 長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触1796 番地 壱岐対馬国定公園内

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

5猿岩

黒崎半島の先端にある高さ45mの玄武岩、猿岩。岩の形がそっぽを向いた猿のようだということからその名が付けられたと言われます。壱岐島誕生の神話では、「壱岐の国は生き島である。神様が海の中でこの島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋いだ。その柱は折れ残り、今も岩となって折柱といわれている。」とされており、その8本の柱のうちの1本が猿岩であると言われます。背の高い海食崖であっても様々なアングルから表情を伺えるのはドローン空撮特有です。

出典:ながさき旅ネット

【場所】〒811-5103 長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触890−2

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

6左京鼻

玄海灘に面して切り立ったダイナミックな海食崖、左京鼻。総延長は約1kmにも及びます。海中から細い柱を束ねたような奇岩が突き出た珍しい景観です。上述の壱岐島誕生神話の8本の柱の1つ、「折柱」だとされています。「鼻」は突端の断崖絶壁を意味し、他にも赤瀬鼻、イルカ鼻など鼻の付く地名がいくつも存在します。それらのどこも水平線を見られる景勝地として知られています。ドローンであらゆる「鼻」を撮るのも良いかもしれません。

出典:ながさき旅ネット

【場所】〒811-5311 長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

7初瀬の岩脈

高さ41mの断崖に露出した初瀬の岩脈。真っ白な流紋岩から成り、地元の人からは「白滝」と呼ばれます。岩脈とは、地下深くのマグマが地殻の裂け目や弱い部分に下から侵入して凝固し、地殻変動や浸食をした結果、柱状や壁、塀のような形で地表に姿を現したものを指します。長崎県の天然記念物で、地質学的に大変貴重です。通常は見られないアングルからのドローン空撮がおすすめです。

出典:ながさき旅ネット

【場所】〒811-5144 長崎県壱岐市郷ノ浦町初山東触1585-1

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

8蛇ヶ谷

玄界灘の宝石箱と称される辰の島遊覧観光のクライマックス、蛇ヶ谷。島で有名な海蝕崖と海蝕岩の1つで、高さは50mにも及びます。海の宮殿、マンモス岩、羽奈尾観音など多くの絶景の中でも、断崖を鉈で断ち切ったような蛇ヶ谷は他に負けない存在感を誇ります。目の前に広がるエメラルドグリーンの澄んだ海と共にドローン空撮したい光景です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒811-5512 長崎県壱岐市勝本町東触2790-1 

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

9大島

郷ノ浦港の沖合いに浮かぶ大島。原島、長島と共に「渡良三島」と呼ばれます。最も北に位置するのが大島です。大島海水浴場は小規模ながら美しいと評判の砂浜で、夏には島民が海水浴に訪れます。大島海水浴場からは、対馬へ向かうフェリーが眺められる見晴らしの良いドローン空撮スポットです。ドローンを使って周辺の海や島々も一緒に撮影できるかもしれません。

出典:じゃらんnet

【場所】〒811-5161 長崎県壱岐市郷ノ浦町大島

【管理団体】壱岐市役所 観光商工課(0920-48-1135)

【備考】所有者への連絡が必要になるので、事前に必ず確認・連絡をお願いします。

10舟志のもみじ街道・舟志森林公園

対馬一の紅葉で知られる対馬市上対馬町にある舟志森林公園。舟志川沿いにはモミジやカエデが群生する約7kmの散策コース「もみじ街道」が整備されています。川面に紅葉の赤と常緑樹の緑が色鮮やかに映る姿が美しく、訪れる多くの人々を魅了しています。その色とりどりの街道の美しさを上空から伝えられるのがドローンです。毎年11月頃が紅葉の見頃となっています。

出典:ながさき旅ネット

【場所】〒817-2333 長崎県対馬市上対馬町舟志

【管理団体】対馬市役所 上対馬振興部(0920-86-3111)

【備考】数日前までに役所への連絡が必要です。その時々の紅葉の様子等のお問い合わせ先も役場となります。

11九十九島

平戸瀬戸まで連なる大小約208もの島々、九十九島。佐世保港外から北へ25kmに位置し、島の密度は日本一と言われます。特に佐世保近海の島々は「南九十九島」と呼ばれ、島それぞれが独特の表情を持つとりわけ美しい海域です。平戸諸島、五島列島などの外洋性多島群とともに、日本最西端の海の国立公園「西海国立公園」に指定されています。九十九島パールシーリゾート施設周辺の風景は大変素晴らしく、ドローン空撮に適しています。九十九島と遊覧船のコントラストや、九十九島の夕景がおすすめです。常緑広葉樹が映える夏季は特に綺麗ですが、海水の透明度が高くなる冬季にも魅力があります。

出典:ながさき旅ネット

【場所】長崎県佐世保市

【管理団体】

佐世保市役所 観光商工部 観光課(0956-24-1111)

佐世保海上保安部 交通課(0956-31-5512)

佐世保市漁業協同組合(0956-26-4555)

佐世保市相浦漁業協同組合(0956-47-2227)

させぼパール・シー株式会社(0956-28-4187)

【備考】佐世保港内を撮影される場合は、事前に佐世保海上保安部交通課まで業務許可申請の手続きが必要になります。佐世保市漁業協同組合及び佐世保市相浦漁業協同組合に対しても、撮影日時・場所等を事前にお知らせください。九十九島パールシーリゾートの施設を拠点に撮影される場合は、させぼパール・シー株式会社まで事前にご連絡をお願いします。このエリア周辺には、自衛隊や米軍関係施設等がありますので十分に注意してください。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため第三者には気をつけて安全なフライトをしましょう。

東京海上日動ドローン保険