【沖縄編】ドローンの撮影スポット15選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

青い海と空、独自の文化に多くの人が魅了される沖縄県。沖縄でしか見られない光景も少なくありません。特に海岸沿い撮影スポットの多さは他の県と桁違いです。今回は、沖縄県を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき沖縄県の美しい景色15選」を紹介いたします!

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。

1果報バンタ

知る人ぞ知るうるま市のパワースポット、果報バンタ。沖縄の言葉で「幸せ」を意味する「果報」と、「崖」を意味する「バンタ」が名前の由来です。ドローン空撮に適した絶景が広がります。

出典:たびらい沖縄

【場所】 〒904-2423 沖縄県うるま市与那城宮城

【管理団体】株式会社ぬちまーす(098-983-1140)

【備考】「果報バンタ」は、地元企業様の敷地内にあります。立ち入りやドローン飛行の際には必ず許可を取ってください。

2海中道路

沖縄で人気のドライブスポット、海中道路。その名の通り、海の上を真っすぐ伸びた見晴らしの良い道路です。上空からは海と道路のコントラストが綺麗な映像を撮影できます。

出典:うるま時間

【場所】 沖縄県うるま市

【管理団体】うるま市役所 経済部 商工観光課 (098-923-7634)

【備考】観光客が多く、海上のため風が強いことも多い場所です。ドローンを飛ばす際には十分にご注意ください。長時間の撮影や敷地やその周辺の一部を占領するなど、大掛かりの撮影の際には、必ず事前に管理団体様にご確認ください。

3勝連城跡

ユネスコ世界遺産に登録されている勝連城跡。自然の断崖をそのまま生かして建てられました。阿麻和利の城として知られています。うるまの青い海、歴史ある城と木々が織りなす風景はドローン空撮にぴったりです。

出典:世界遺産勝連城跡公式webサイト

【場所】 〒904-2311 沖縄県うるま市勝連南風原3908

【管理団体】うるま市教育委員会 (098-923-7182)

【備考】「一の曲輪」は、城周辺の景色を撮るのにおすすめです。世界遺産の貴重な文化財となりますので、撮影の際には十分ご注意ください。

4瀬底島

本部半島と瀬底大橋で結ばれている瀬底島。車でのアクセスが可能なため、気軽に訪れることのできるドローン空撮すべき小島です。島内では手つかずの自然が見られるだけでなく、歴史の面影も感じられます。

出典:沖縄ラボ

【場所】 沖縄県国頭郡本部町

【管理団体】もとぶ町観光協会 (0980-47-3641)

【備考】夏やイベント開催時には数多くの観光客の方が来られる場所です。これらの時期の飛行は必ず事前に管理団体様に確認をしてください。

5瀬底大橋

エメラルドグリーンの海に架かる瀬底大橋。瀬底島と沖縄本島を結んでいます。天気の良い日には海の濃淡や珊瑚礁の陰影が見られるため、上空からのドローン撮影に最適です。

【場所】 沖縄県道172号瀬底健堅線

【管理団体】もとぶ町観光協会 (0980-47-3641)

【備考】瀬底島同様、夏やイベント開催時には数多くの観光客の方が来られる場所です。これらの時期の飛行は必ず事前に管理団体様に確認をしてください。

6山里地区の円錐カルスト

亜熱帯から熱帯の高温多湿な地域でしか見られない円錐カルストが見られる山里地区。日本国内で円錐カルストが見られるのは山里だけで、北限となっています。海岸沿いの撮影スポットが多い本部町を訪れた際には立ち寄ってドローン空撮すべき貴重な風景です。

出典:じゃらんnet

【場所】 〒905-0219 沖縄県国頭郡本部町山里

【管理団体】もとぶ町観光協会 (0980-47-3641)

【備考】イベント開催時には数多くの観光客の方が来られる場所ですので、その場合の飛行は必ず事前に管理団体様に確認をしてください。

7水納島

クロワッサンのような形で知られる離島、水納島。沖縄本島の渡久地港から船で15分という距離にあります。小さいながら珊瑚礁に囲まれた自然豊かな美しい島で、ドローン空撮におすすめです。

出典:沖縄ラボ

【場所】 沖縄県国頭郡本部町

【管理団体】もとぶ町観光協会 (0980-47-3641)

【備考】夏期、イベント開催時には数多くの観光客の方が来られる場所です。これらの時期の飛行は必ず事前に管理団体様に確認をしてください。

8宮古島

全国的な知名度を誇る離島の1つ、宮古島。年間で観光客が100万人近くも訪れる人気の島です。東京、大阪から直行便で行ける手軽さも魅力的なドローン空撮スポットです。

出典:宮古島観光協会公式webサイト

【場所】 沖縄県宮古島市

【管理団体】宮古島市市役所 (0980-72-3751)

【備考】空港等、飛行に制限がある区域もあります。事前に必ず場所の詳細等、管理団体様に相談してください。

9伊良部大橋

無料で通行できる橋としては日本最長の伊良部大橋。自然いっぱいの島から綺麗な海の上に続く3,540mもの一本橋は、ドライブだけでなくドローン空撮もおすすめできる美しさです。

【場所】 沖縄県宮古島市

【管理団体】沖縄県宮古土木事務所(0980-72-2769)

【備考】交通規制や看板設置等の大規模な撮影の場合は、県へ必ず事前に連絡をしてください。

10東平安名崎

宮古島の最東端に位置する東平安名崎。日本百景の1つです。全長2kmにわたる岬の先には灯台があります。小高い丘から岬全体を見渡す絶景が有名ですが、ドローン空撮であればさらに高い場所からより美しい姿を捉えることができるかもしれません。

【場所】 沖縄県宮古島市城辺字保良

【管理団体】宮古島市都市計画課(0980-76-6507)

【備考】多くの人が訪れる場所で、ドローンの飛行は早朝等時間限定で可能となっています。詳細は必ず事前にご確認ください。

11池間大橋

宮古島と北西の小さな池間島とを結ぶ池間大橋。全長は1,425mです。宮古島と周囲を結ぶ3橋の中では最初に架けられました。とりわけ干潮時の潮位が低い海と橋のコラボレーションには目が奪われ、ドローン空撮におすすめです。

【場所】 沖縄県宮古島市

【管理団体】沖縄県宮古土木事務所(0980-72-2769)

【備考】伊良部大橋同様、交通規制や看板設置等の大規模な撮影の場合は、県へ必ず事前に連絡をしてください。

12残波岬灯台

晴れた日には慶良間諸島まで見渡せる残波岬に立つ残波岬灯台。沖縄で1番高い31mの灯台です。高さ30mの断崖絶壁が2kmにわたって続くため、迫力あるドローン空撮映像が期待できます。

【場所】 〒904-032 沖縄県中頭郡読谷村村宇座1861

【管理団体】読谷村役場 (098-982-9200)

【備考】残波岬公園内で飛行させる場合は、管理団体様へ事前に問い合わせてください。

13辺戸岬

沖縄本島の最北端に位置する辺戸岬。天気の良い日には20㎞以上離れた鹿児島県の奄美群島の与論島や沖永良部島が確認できます。豊かな自然に圧倒される、ドローン空撮に適した岬です。

出典:たびらい沖縄

【場所】 沖縄県国頭郡国頭村辺戸

【管理団体】

国頭村役場 (0980-41-2101)

環境省 やんばる自然保護官事務所 (0980-501-025)

【備考】人が多く訪れる場所です。具体的な場所や時間等、必ず事前に管理団体様に相談してください。

14大石林山

国立公園に指定されている大石林山。4つのトレッキングコースが用意され、老若男女問わず楽しめます。パワースポットとしても知られるドローン空撮スポットです。とりわけ「悟空岩」はもっともパワーが集まる場所だと言われています。

出典:たびらい沖縄

【場所】 〒905-1422 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

【管理団体】

大石林山 (0980-41-8117)

環境省 やんばる自然保護官事務所 (0980-501-025)

【備考】国立公園ですが、個人(団体)様の所有地ですので、事前に確認をしてください。

15古宇利島

車を使うと10分で1周できてしまう半径1kmの小島、古宇利島。人気ドライブスポットの古宇利大橋は、古宇利島と名護市屋我地島の済井出とを結んでいます。まるで海の上を走っているかのようなドライブが楽しめ、ドローン空撮にもおすすめです。

【場所】 沖縄県今帰仁村〜名護市屋我地島

【管理団体】今帰仁村役場 (0980-56-2101)

【備考】夏期など、人や交通量が多い時期は特にご注意ください。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者に気をつけて安全なフライトをしましょう。

東京海上日動ドローン保険