FLIGHTS「ドローンの未来を見せる」ビジネスメディア

【滋賀編】ドローンの撮影スポット11選 ~空撮特化フィルムコミッション~

日本で1番大きな湖、琵琶湖を擁する滋賀県。ゆるキャラひこにゃんがいる彦根城も有名です。 琵琶湖の周りには多くの見所があり、あらゆる場所から巨大な湖を楽しむことができます。 湖内には島が浮かび、多くの人々に親しまれています。 もちろんそれ以外にも多くの空撮スポットがあり、ドローン空撮に最適です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で1番大きな湖、琵琶湖を擁する滋賀県。ゆるキャラひこにゃんがいる彦根城も有名です。
琵琶湖の周りには多くの見所があり、あらゆる場所から巨大な湖を楽しむことができます。
湖内には島が浮かび、多くの人々に親しまれています。
もちろんそれ以外にも多くの空撮スポットがあり、ドローン空撮に最適です!

それでは、「ドローンで空撮すべき滋賀県の美しい景色11選」をご覧ください!

※下記撮影スポットは、業務として撮影することを基本としており、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。

1彦根城

言わずと知れた滋賀県を代表する名城。近世の城としては珍しく天守が残っていて、国宝に指定されています。
通し柱を使用せずに各階ごとに積み上げる方式でできていて、3階建てで3重の屋根を持っています。
補修された白壁と屋根瓦が美しく、天守閣も残っているので、お城のドローン空撮をしたい方にはぴったりです!
滋賀県の目玉スポットで空撮してみませんか?

出典:国宝彦根城

【場所】〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1−1

【管理団体】彦根観光協会(0749-23-0001)

【備考】飛行ルートにより様々な連絡先に調整が必要だが、 観光協会の方で仲介、調整可能。 ルートおよび飛行時間帯は協議と撮影申請が必要で、撮影の2週間前までに完了するようにしてください。

2玄宮園

彦根城と隣接する大名庭園です。庭園部分を玄宮園と呼び、御殿部分は楽々園と呼ばれています。
古代中国の宮廷の名前にちなんで名称がつけられていて、国の名勝にも指定されています。
大きな池を中心とした回遊式庭園で、島や橋によって豊かな表情を見せています。
季節によっても雰囲気が変わり、彦根城も見える場所ですので、いろいろな風景をドローン空撮できるはずです!

出典:国宝彦根城

 

【場所】〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1−1

【管理団体】彦根観光協会(0749-23-0001)

【備考】飛行ルートにより様々な連絡先に調整が必要だが、 観光協会の方で仲介、調整可能。 ルートおよび飛行時間帯は協議と撮影申請が必要で、撮影の2週間前までに完了するようにしてください。

3神田神社

琵琶湖の西にある創建1200年にもなる神社です。
琵琶湖のほとりに位置する神社はいくつかありますが、境内に神宮寺があり、仏像である不動明王像をまつっている点で珍しく、
神仏習合の名残を現代に伝えています。
そんな由緒ある神社をドローン空撮してみませんか?

出典:神田神社ホームページ

【場所】〒520-0232 滋賀県大津市真野4丁目7−2

【管理団体】神田神社 社務所(077-572-1330)

【備考】上記管理団体に撮影内容(構想段階でも可)を連絡したのちに可否判断。 基本的には神社での撮影は可能です。

4びわ湖バレイ/びわ湖テラス

琵琶湖の西側にある眺望スポット。
巨大なロープウェイでびわ湖バレイ山頂まで行き、標高1100mのびわ湖テラスから琵琶湖を眺めることができます。
琵琶湖全体を眺めることができるテラスの他に、素敵なカフェや多様なアクティビティなどいろいろ満載です。
空中散歩が楽しめる綺麗なフィールドはドローン空撮と親和性が高そうですね。

出典:びわ湖テラス

【場所】大津市木戸1547-1

【管理団体】びわ湖バレイ(077-592-1155)

【備考】 びわ湖バレイはドローン撮影全面禁止が原則ですが、 撮影内容、番組の内容を聞いて臨機応変に実施。

5三井寺

琵琶湖を見下ろす大寺。山の中に国宝・重文に指定されている古いお堂が建ち並んでいます。
境内の面積は広く、舗装された道路もありませんので、近年は時代劇のロケがよく行われています(三井寺HP/ロケ地マップ)。
時代を感じる境内をドローン空撮できるスポットです。
西国札所・観音堂の高台は大津の町並みや琵琶湖を撮影するのに適していて、季節によって様々な景色が撮れます。春には桜の名所としても知られています。

出典:三井寺

【場所】〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246

【管理団体】三井寺(077-522-2238)

【備考】 上記団体に連絡。 目的の趣旨によって可否決定。 営利目的や撮影する対象(建物、仏像、その他)によっては代金がかかる場合あり。撮影目的と撮影対象を可能な限り明確に記した、形式を問わない申請書を早めに三井寺事務所に提出して下さい。

6日吉大社

全国に3800余りある日吉・日枝・山王神社の総本宮です。
琵琶湖の南西に位置し、40ものお社を抱えています。それら全てを総称して日吉大神と呼びます。
平安京の遷都の際には、都の北東、つまり表鬼門に当たるため、都の魔除けや災難除けを祈るお社として崇敬を受けました。
また、天台寺の護法神としても馴染まれています。
緑が多い時期を狙って、映える写真や映像をドローン空撮するといいですね。

 

出典:日吉大社

【場所】〒520-0113 滋賀県大津市坂本5丁目1−1

【管理団体】日吉大社(077-578-0009 )

【備考】 撮影に際しては、まず企画書の送付(様式なし)を上記段階にお願いします。 商用、神社の紹介などの別により、承認の有無を判断しており、商用の場合は概要に応じて有料での撮影となる場合もあります。安全上の問題から、 1月、4月、11月といった繁忙期は避けるようにしてください。 休日(土日祝)よりは平日の方が受けやすいです。なお、5~10月の方が緑は多く写真映えします。

7近江八幡の水郷(水郷のさとまるやま)

日本3大水郷のひとつにあげられている近江八幡の水郷。
その中でも昔と変わらない自然のままの水郷は近江八幡だけで日本一と言われ、舟で巡って楽しむことができます。
深緑もきれいですが、秋のヨシの穂が揺らぐ様子や 真冬の雪景色もきれいです。
またヨシ焼き(4月上旬)も壮大です。季節によって移り変わる水郷の景色をぜひドローン空撮してみてください!

 

【場所】〒523-0805 近江八幡市円山町1467-3 *近江八幡市近江八幡エリアには4箇所乗り場あり(北之庄町、円山町、白王町、中之庄町)

【管理団体】水郷のさとまるやま(0748-32-2333)

【備考】上記管理団体にご連絡ください。また、水郷のさとまるやまの周辺の撮影が可能ですが町内の家屋等が映り込む場合は 自治会にもご連絡お願いします。

8竹生島

琵琶湖に浮かぶ小島です。
周囲2kmほどと小さいですが、宝厳寺と都久夫須麻神社を擁するパワースポットとして親しまれています。
西国33所観音霊場の30番札所としても知られていて、国宝もあります。
琵琶湖八景の一つとされている風光明媚なパワースポットでドローン空撮してみませんか?

出典:竹生島クルーズ

【場所】長浜市早崎町

【管理団体】長浜市産業観光部観光振興課(0749-65-6521)

【備考】上記管理団体に連絡するとともに、竹生島奉賛会(090-3729-3747) 宝厳寺(0749-63-4410 )都久夫須麻神社(0749-72-2073)などに連絡し必要事項をクリアしてください。長浜市としての特別な手続きはありませんが、法律上必要な手続きは遵守してください。

9伊吹山(伊吹山ドライブウェイ)

滋賀県と岐阜県にまたがる全長17kmもの自動車専用道路。伊吹山からの絶景を眺めるドライブができます。
雲海やお花畑も楽しめ、ドローン空撮にぴったりです。恋人の聖地でもあります。
撮影に適した場所はドライブウェイ12km地点で、Wヘアピンカーブがあります。
自然の中の空撮で綺麗な景色を収めましょう!

出典:伊吹山ドライブウェイ

【場所】 滋賀県米原市上野(伊吹山)

【管理団体】伊吹山ドライブウェイ(0584-43-1155)

【備考】ドローン飛行は原則禁止ですが、理由と条件によっては例外的に許可することは有り得ます。 撮影に関する許認可を全て取得した上で、撮影に関する企画書(撮影場所、規模、撮影希望日、目的など)を上記管理団体に提出してください。

10水口城

明治7年に廃城となった水口城の跡地。現在は近世時代のお城が復元されて、水口城博物館となっています。
現在も水堀に囲まれ、櫓台などが残っています。
写真愛好家の方が桜の開花時や冬場の雪景色の撮影に来られるそうです。季節が感じられる素敵な風景はドローン空撮にも向いていますね!

出典:たいむとりっぷ甲賀

【場所】甲賀市水口町本丸

【管理団体】甲賀市歴史文化財課(0748-86-8026 )

【備考】上記管理団体へ連絡の上、別紙の撮影許可申請書を提出することになります。

11長浜城歴史博物館

古くは豊臣秀吉が造ったとされる城。
たびたび秀吉が活用しましたが、豊臣氏の滅亡とともに長浜城もなくなりました。
今建っている長浜城は、1983年に再建されたもので、歴史博物館として利用されています。
長浜城跡に造られた現在の豊公園は、日本さくら名所100選、日本の夕日百選に選定されており、4月上旬が桜の見ごろとなっています。
また、浜辺から眺める夕陽も美しく、ドローン空撮に適することでしょう。

出典:湖国百景フォト紀行

【場所】長浜市公園町10-10

【管理団体】長浜城歴史博物館(0749-63-4611)

【備考】上記団体に連絡。かつ、豊公園内を業として動画撮影する場合、都市計画課に公園内行為許可申請書の提出が必要となります。(個人的な撮影の場合、特に必要な手続きはありません。)公園利用についての質問も都市計画課までお願いします。ただし、 豊公園全体が人口集中地区(DID)に該当するため、国土交通省の許可は必須です。また、利用する場合は、テニスコート(0749-63-7400) ・豊公荘(0749-62-0144)にもご連絡ください。

まとめ

自然の風景を撮る時ももちろんですが、市街地の観光名所や人の多い場所で空撮する際には特に安全に気を遣いましょう。安全なフライトを心がけて、周囲の方々・第三者に迷惑をかけることなく、良質な映像をお撮りください。
観光地も含まれるため、これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。

  • FLIGHTS編集部
  • DJIインストラクターを中心としたDroneAgentのスタッフが記事を執筆している、FLIGHTS編集部のアカウントです。
  • FLIGHTSの最新情報をお届けします