【鳥取編】ドローンの撮影スポット13選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

日本最大の砂丘、鳥取砂丘が有名な鳥取県。豊かな自然を生かして、松葉ガニ、二十世紀梨、スイカなどの特産品を世に出しています。人口と市の数は全国最少ですが、見どころは満載です。今回は、鳥取県を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき鳥取県の美しい景色13選」をご紹介いたします!

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。 

1三徳山三佛寺・投入堂

三徳山に境内を持つ三徳山三佛寺と、断崖絶壁に建てられた国宝、投入堂。三徳山は鳥取県中央部の東伯郡三朝町にある標高約900mの山です。修験道の開祖とされる役小角が三徳山のふもとでお堂を造り、法力で手のひらに乗るほどに小さくしました。大きな掛け声と共に、断崖絶壁にある岩窟にお堂を投げ入れたことが投入堂の名前の由来です。崖の中腹にあるからこそ、撮影にはドローンが向いています。

出典:じゃらんnet

【場所】〒682-0132 東伯郡三朝町三徳1010 国立公園内

【管理団体】

三朝町 教育委員会 社会教育課 文化財室兼世界遺産登録推進室(0858-43-3518)

三徳山三佛寺 総合案内( 0858-43-2666)

環境省 米子自然環境事務所(0859-34-9331)

【備考】上記のお寺へ事前に連絡する必要があります。三徳山は修行の場所であり、木の根や岩をよじ登る等、場所によっては多少険しい箇所があります。滑落事故等多発の為、参拝登山を希望の方には入山の際に、服装と靴のチェックを受ける必要があります。スニーカーなどでは入山許可が下りないことがありますので、金具の付いていない登山用シューズをオススメします。靴により入山許可が下りない場合は、有料のわらじに履き替えることで許可が下りる場合があります。冬季は積雪の為閉山しておりますのでご注意ください。

2鳥取砂丘

言わずと知れた鳥取の名所、鳥取砂丘。日本海から打ち上げられた砂が、海からの強い卓越風によって内陸側に運ばれてできました。砂漠と違い、雨が多く降り、雪景色も見られる鳥取砂丘には、他では決して見られない光景が広がっています。綺麗な風紋を見るには4つの条件が必要です。条件は「適度な風、砂がよく乾燥していること、砂が固結していないこと、砂粒の大きさが一定していること」だとされます。条件が満たされているタイミングでドローン空撮できれば、一層美しい姿を見ることができるはずです。砂簾や砂柱などの現象も要チェックです。

鳥取砂丘

出典:とっとり旅の生情報

【場所】鳥取市 山陰海岸国立公園

【管理団体】鳥取県庁 砂丘事務所(0857-22-0583)

【備考】条例ガイドラインルールを遵守してください。「鳥取砂丘での砂丘スポーツ等の実施に関するガイドライン」に基づき、実施日や緊急連絡先等を事前に上記と情報共有する必要があります。撮影の届出も必要です。安全上の観点から、観光客の多い中心部での撮影は禁止されています。

3三滝渓

千丈滝、夫婦滝、虹ヶ滝という3つの大規模な滝が見られる三滝渓。最大の見どころと言われるのが、千丈滝です。高さ約80mにもなる滝で、付近に架かる赤い吊り橋から見る姿は絶景です。他にも数々の奇岩や、40ほどの大小さまざまな滝を見ることができるドローン空撮スポットです。

出典:とっとり旅の生情報

【場所】〒680-1234 鳥取市河原町北村

【管理団体】鳥取市役所 河原町総合支所 産業建設課(0858-76-3115)

【備考】事前に上記へ計画書等の提出が必要です。遊歩道(三滝吊り橋へ通じる遊歩道)は、鳥取県中部地震による落石で一部が損壊し、更に地震に起因する浮石等が随所に点在し危険なため、現在通行止めとなっています。復旧の目途は立っておりません。撮影の際は、遊歩道への立入は許可されませんのでご注意ください。

4鳥取藩主池田家墓所

国指定史跡である、鳥取藩主池田家墓所。初代鳥取藩主・池田光仲から11代慶栄までの歴代藩主と、昭和5年に東京牛島の弘福寺から移した藩主夫人、そして同族70数基の墓碑が、約270の燈篭と共に立ち並んでいます。徳川幕府と深い関係にあった鳥取池田家藩主の名は、時の徳川将軍の名前から1文字もらって付けられています。鳥取の歴史、ひいては日本の歴史に深く繋がる名所を、ぜひドローン空撮してみてください。

出典:鳥取市因幡万葉歴史館

【場所】〒680-8063 鳥取市国府町奥谷・宮下

【管理団体】鳥取市役所 国府町総合支所 産業建設課(0857-39-0560)

【備考】管理者様の立ち合いが必要です。そのため、撮影日等を事前に相談する必要があります。

5久松公園・鳥取城跡

久松山のふもとに位置し、仁風閣や県立博物館などと見所が多い久松公園。園内にはソメイヨシノやサトザクラなど400本を越える桜があり、春の景観が美しいことで知られています。「日本さくら名所100選」に選ばれています。公園入口には、鳥取気象台による桜の開花宣言の指標となる標準木があります。公園を代表する景観である鳥取城跡は、国指定の史跡です。16世紀半ばの天文年間から明治維新時、久松山を中心とした山城で、山頂部には中世期の城郭遺構である山上の丸、山麓には慶長年間から明治に至るまでに整備された二の丸、天球丸、三の丸などの遺構が残っています。撮影の時期としては、サクラが満開のシーズン、秋の下草が少ない頃をおすすめします。山上の天守跡、二ノ丸~天球丸跡エリアは景観が良く、ドローン空撮に適した場所です。

 出典:とっとり旅の生情報

【場所】〒680-0011 鳥取市東町

【管理団体】

鳥取市役所 文化財課(0857-20-3359)

鳥取市役所 公園・スポーツ施設協会(0857-21-5532)

【備考】土地が久松公園として都市公園になっています。上記協会へ1週間以上前までに許可申請書を提出する必要があります。城跡内には重要文化財仁風閣がありますので、真上の飛行は避け、落下などに十分ご注意ください。近くの県立博物館、県立西高校上空を飛行する場合は、それぞれ確認が必要となります。

6雨滝

「日本の滝100選」に選定されている雨滝。袋川上流に位置し、木々に囲まれた滝口から流れ落ちています。高さ40m、幅4mで、玄武岩の柱状節理によってできた断崖絶壁を勢いよく滝壷に向かう姿は壮観です。昔から祀られている迫真の不動明王と迫力の滝によって、古来有数の霊場として知られていました。5~6月の新緑の頃と、10月下旬~11月上旬の紅葉の時期がドローン空撮におすすめです。

出典:じゃらんnet

【場所】〒680-0201 鳥取市国府町雨滝

【管理団体】国府町総合支所 産業建設課(0857-39-0560)

7諸鹿渓谷・大鹿滝

八頭町の扇ノ山の中腹に位置する諸鹿渓谷。「諸鹿七滝」と呼ばれる自然のままの素晴しい滝が多数見られます。南西に流れる来見野川にかかるのが大鹿滝。岩の間から勢いよく滝壺へ落ちる様子が絶景として知られています。周囲の自然との調和がとても綺麗です。周囲はブナやトチなどの自然林が広がり、「日本の自然百選」に選ばれています。渓谷内の様子をいろいろなポイントでドローン空撮してみてください。

出典:若桜町役場

【場所】〒680-0715 八頭郡若桜町諸鹿

【管理団体】

若桜町役場(0858-82-2211)

近畿中国森林管理局 鳥取森林管理署(050-3160-6125)

【備考】土事前に鳥取森林管理署にご確認ください。

8日南湖・菅沢ダム

昭和43年に多目的ダムとして完成された日南湖、通称菅沢ダム。日野川の上流、印賀川をせき止めたもので、米子市周辺域の水がめとなっています。日南湖の湖畔は、公園が整備されています。訪れる人々の憩いの場です。春の新緑や秋の紅葉を映す湖面が美しく、ドローン空撮におすすめです。

出典:にちなん日和

【場所】〒689-5532 日野郡日南町菅沢日南湖

【管理団体】

日南町役場(0859-82-1111)

菅沢ダム管理支所(0859-87-0311)

日野町役場(0859-72-1484)

【備考】国交省菅沢ダム管理支所の許可が必要になる場合がありますので、必ず事前に問い合わせてください。町には日時などを事前に報告する必要があります。

9東浜海岸

鳥取県最北端の駅、東浜駅から歩いて行ける東浜海岸。兵庫県との県境近くに位置します。緑に囲まれた海岸で、透明度が高いです。海水浴やバーベキューに人気で、夏には多くの人々が訪れます。豊かな自然が生かされた遠浅の海岸をドローン空撮できます。

出典:じゃらんnet

【場所】〒681-0011 岩美郡岩美町陸上

【管理団体】

岩美町役場 商工観光課(0857-73-1416)

岩美町観光協会(0857-72-3481)

【備考】地区住民の方へ事前に伝えておく必要があるので、撮影日や場所について町と岩美町観光協会へ事前に連絡してください。

10浦富海岸

山陰海岸を代表する絶景が望める浦富海岸。国の名勝、天然記念物に指定されてるのみならず、あらゆる百景にも選ばれている日本有数のリアス式海岸です。山陰海岸ジオパークの浦富海岸エリアに含まれ、洞門や洞窟、白砂の浜など、様々な地形を観察できます。どの景観も美しく、ドローン空撮に最適なエリアと言えます。文豪、島崎藤村も絶賛しました。菜種五島・千貫松島・鴨ヶ磯・竜神洞などが、特徴的な景観として有名です。

出典:とっとり旅の生情報

【場所】〒681-0003  岩美郡岩美町浦富

【管理団体】

岩美町役場 商工観光課(0857-73-1416)

岩美町観光協会(0857-72-3481)

【備考】地区住民の方へ事前に伝えておく必要があるので、撮影日や場所について町と岩美町観光協会へ事前に連絡してください。

11城原海岸

菜種五島の南側一帯にある城原海岸。粗い粒の砂浜や円石の磯浜、連続する波食棚が特徴的です。北東沖合約600mに浮かぶ「黒島」は、花崗岩質を持つ城原海岸とは異なり、火山噴火物が堆積して黒みを帯びた疑灰角磯岩からできています。鴨ヶ磯とともに海域公園に指定されている透明度の非常に高いエリアで、最高透明度は25mです。シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツ愛好者に人気のスポットです。透き通った美しい鳥取の海をドローン空撮してみてください。

出典:岩美町観光協会

【場所】〒681-0071 岩美郡岩美町大字田後

【管理団体】

岩美町役場 商工観光課(0857-73-1416)

岩美町観光協会(0857-72-3481)

【備考】地区住民の方へ事前に伝えておく必要があるので、撮影日や場所について町と岩美町観光協会へ事前に連絡してください。

12牧谷・又助池

砂丘の後背地に形成された潟湖の名残である、牧谷の又助池。カキツバタの群生地となっており、毎年5月初旬頃には綺麗な紫色の花々が楽しめます。池一面に咲き誇る姿が見事です。一定期間にしか見られない美しいカキツバタを撮り逃さないようご注意ください。

出典:じゃらんnet

【場所】〒681-0001 岩美郡岩美町牧谷

【管理団体】

岩美町役場 商工観光課(0857-73-1416)

岩美町観光協会(0857-72-3481)

【備考】地区住民の方へ事前に伝えておく必要があるので、撮影日や場所について町と岩美町観光協会へ事前に連絡してください。

13賽の河原

切り立った岩壁が迫る金門の南側に位置する賽の河原。三途の川を示す「賽の河原」という名前は、荒れ果ててものさびしい様子から付けられました。かつては幼い子供の霊を慰めるために、親たちが石を1つ1つ積み重ねながら子供への思いを歌にしたり、塔婆流しなどの風習を行ったりしていた場所です。現在は雄大な大山が望める絶景ポイントとして登山客から人気があります。神聖で美しい眺望スポットを上空から美しく撮影できるのはドローンの醍醐味です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒689-3318 西伯郡大山町大山 国立公園

【管理団体】

大山町役場(0859-54-3111)

環境省 大山隠岐国立公園管理事務所(0859-34-9331)

【備考】国立公園内になりますので、環境省への許可申請などが必要になる場合があります。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者には気をつけて安全なフライトをしましょう。

東京海上日動ドローン保険