【富山編】ドローンの撮影スポット14選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

世界遺産の白川郷・五箇山の合掌造りや立山連峰、立山黒部アルペンルートなど、国内外から観光客が訪れる観光資源を豊富に有する富山県。県内にはドローン空撮におすすめしたい自然豊かな景勝地が多数存在します。今回は、富山県を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき富山県の美しい景色14選」をご紹介いたします!

目次

※下記撮影スポットは業務として撮影することを基本としているため、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。 

1常虹の滝

猪谷川下流にある常虹の滝。白衣観音が安置されています。右手に蛇歯見の滝、下に五色の滝、正面に2筋の夫婦滝、上に大滝(不動滝)があり、「常虹の滝」は5つの滝の総称です。朝には綺麗な虹がよく見られます。虹と滝の神秘的な姿をドローン空撮できます。

出典:じゃらんnet

【場所】〒939-2187 富山市猪谷

【管理団体】富山市役所 商工労働部 観光振興課 富山フィルムコミッション (076-443-2072)

【備考】都市公園など場所によっては飛行禁止となっているところもありますので、必ず事前に上記へ連絡をしてください。

2百間滑

龍神の滝の下流200mに渡って続く百間滑。岩肌が美しく、夕立の後には龍が遊ぶと言われます。龍神の滝は牛首谷の上流にある落差40mの滝です。夏場の緑が生い茂る時期が涼しげで、ドローン空撮におすすめです。

出典:富山市観光協会

【場所】〒930-1451 富山市粟巣野

【管理団体】富山市役所 商工労働部 観光振興課 富山フィルムコミッション (076-443-2072)

【備考】都市公園など場所によっては飛行禁止となっているところもありますので、必ず事前に上記へ連絡をしてください。

3神通峡

神通川に架かる笹津橋から約15km続く渓谷、神通峡。鋭く切れ込んだ谷間がうねる造形美が魅力です。飛騨の山々の雪解け水が激流となって流れる「片路峡」はとりわけ絶景です。春の新緑や夏の緑、秋の紅葉、そして冬の雪など年間を通して、ドローン空撮すべき美しい渓谷が見られます。

出典:富山市観光協会

【場所】〒939-2163 富山市布尻

【管理団体】富山市役所 商工労働部 観光振興課 富山フィルムコミッション (076-443-2072)

【備考】都市公園など場所によっては飛行禁止となっているところもありますので、必ず事前に上記へ連絡をしてください。

4水晶岳

中部山岳国立公園に指定され、日本百名山の1つでもある水晶岳。「水晶」の由来は、下ノ本型花崗岩に水晶や柘榴石の結晶が見られることです。別名である「黒岳」は、明るい山稜の中で水晶岳のみが黒っぽい岩塊であることに由来します。水晶岳を経由して赤牛岳から奥黒部ヒュッテへ下る読売新道は、静かなアルプス最奥の山旅を楽しめるルートとして知られています。特徴的な名前を持つ美しい山をドローン空撮できるスポットです。

出典:ヤマケイオンライン

【場所】〒930-1458 富山市有峰

【管理団体】富山市役所 商工労働部 観光振興課 富山フィルムコミッション (076-443-2072)

【備考】都市公園など場所によっては飛行禁止となっているところもありますので、必ず事前に上記へ連絡をしてください。

5室堂平

アルペンルートの中心地であり、観光拠点でもある室堂平。 標高2,450mに位置します。眼前には有名な剱岳や立山三山を筆頭に、3,000m級の雄大な山々が迫る絶好のロケーションです。日本アルプスで最も深い高山湖「みくりが池」や、「地獄谷」も見られます。春には高さ20mに迫る雪壁、夏には高山植物、そして秋には一足早い紅葉を楽しめます。ハイマツに潜む「雷鳥」が見られることもある自然豊かなエリアです。季節に応じて変化する表情のドローン空撮にチャレンジしてみてください。

出典:じゃらんnet

【場所】〒930-1414 中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11

【管理団体】

立山町役場(076-463-1121) 

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。ねずみ返しの岸壁~血の池は中部山岳国立公園の山岳地域に位置しており、冬季には立ち入ることができませんので、ご注意ください。

6室堂・みくりが池

室堂を代表する風景、みくりが池。標高が高いため、毎年6月まではすっぽりと雪で覆われています。雪解けした後の7月~10月には、紺碧の水面に立山の姿が映ります。面積は約30,000㎡、深さは15m、周囲は631mで室堂最大・最深の池です。眼前に広がる雄大な立山のみならず、水面に映って揺れる様子もドローン空撮してみてください。

出典:富山県観光公式サイト  とやま観光ナビ

【場所】〒930-1414 中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11

【管理団体】

立山町役場(076-463-1121) 

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。ねずみ返しの岸壁~血の池は中部山岳国立公園の山岳地域に位置しており、冬季には立ち入ることができませんので、ご注意ください。

7血の池

立山室堂の火口湖群の1つ、血の池。火山湖の一種です。湖水や湖底の泥が酸化鉄によって赤みを帯びています。立山地獄の1つ「血の池地獄」と呼ばれることから血の池と称されました。周囲の火山湖とは一風異なる姿をドローン空撮できる綺麗な湖です。

出典:日本湖沼めぐり

【場所】〒930-1406 中新川郡立山町芦峅寺

【管理団体】

立山町役場(076-463-1121) 

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。ねずみ返しの岸壁~血の池は中部山岳国立公園の山岳地域に位置しており、冬季には立ち入ることができませんので、ご注意ください。

8弥陀ヶ原

標高約1,600~2,100mに位置する弥陀ヶ原高原。南北2km、東西4kmに渡って広がる静かな高原です。 夏には高山植物が美しく咲き誇り、色鮮やかなチョウが多く生息します。2012年には「立山弥陀ケ原・大日平」がラムサール条約の対象になりました。貴重な高山植物の姿を空撮するには、ドローンが最適です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒930-1414 中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11

【管理団体】

立山町役場(076-463-1121) 

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。ねずみ返しの岸壁~血の池は中部山岳国立公園の山岳地域に位置しており、冬季には立ち入ることができませんので、ご注意ください。

9称名滝・ハンノキ滝

落差日本一を誇る称名滝。落差は350mで、他の滝とは比べようがないほどの迫力です。立山連峰の雪解け水が多く流れ込む春には、称名滝の右側にハンノキ滝が現れ、2つの滝が流れ落ちる姿を楽しめます。さらに水量が増した場合には、2つの滝の周辺にいくつもの小さな滝が見られるようになります。水量や周囲の様子だけでなく、滝の数まで変わってしまう珍しい光景をドローン空撮できます。

出典:富山県観光公式サイト  とやま観光ナビ

【場所】〒930-1406 中新川郡立山町芦峅寺

【管理団体】

立山町役場(076-463-1121) 

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。ねずみ返しの岸壁~血の池は中部山岳国立公園の山岳地域に位置しており、冬季には立ち入ることができませんので、ご注意ください。

10岩室の滝

高さ40mの岸壁から一直線に水が落ちる岩室の滝。富山県の天然記念物です。白岩川の支流である虫谷川にあります。落差24m、滝壷の水深は5mです。滝の右横には、名前の由来となった大きな穴が空いています。逆巻きながら落下する水が軟弱な泥岩を削ってできたものだと言われます。自然の造形美が楽しめるドローン空撮スポットです。

出典:富山県観光公式サイト  とやま観光ナビ

【場所】〒930-3223 中新川郡立山町虫谷

【管理団体】

立山町役場(076-463-1121) 

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。ねずみ返しの岸壁~血の池は中部山岳国立公園の山岳地域に位置しており、冬季には立ち入ることができませんので、ご注意ください。

11砺波チューリップ公園

チューリップを中心とした四季折々の花を楽しめる都市公園、砺波チューリップ公園。春に行なわれるチューリップフェアでは、250万本ものチューリップが会場を色鮮やかに彩ります。夏には1万本のカンナが赤や黄色に咲き誇り、巨大な迷路を造り上げます。冬はチューリップタワーをメインとしたイルミネーションが綺麗です。富山県の花、チューリップをドローン空撮できる絶好の公園です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒939-1382 砺波市花園町1-32

【管理団体】

砺波市花と緑と文化の財団(0763-33-5515)

砺波市役所 建設水道部 都市整備課 都市計画係(0763-33-1111)

【備考】上記の財団へ公園内行為許可申請書の事前提出が必要です。ドローン空撮開始30日前から3日前までに提出してください。また、使用料が必要になります。(業として行う写真の撮影100円/日、業として行う映画の撮影30円/時間)

12雨晴海岸・能登半島国定公園

富山湾越しに立山連峰3,000m級の雄大な山々を望める雨晴海岸。万葉の歌人である大伴家持が多くの歌を詠んだ場所です。雨晴海岸から氷見市の松田江の長浜までは「白砂青松百選」と「日本の渚百選」に選ばれました。ドローン空撮に適した景勝地です。源義経が奥州へ落ちのびる途中に、にわか雨が晴れるのを待った場所とされている「義経岩」があります。地名である「雨晴」の由来です。

出典:じゃらんnet

【場所】〒933-0134  高岡市太田 能登半島国定公園

【管理団体】

義経岩周辺より北側:富山県 高岡土木センター 工務第二課 海岸班 (0766-26-8433)

義経岩周辺より南側:富山県 伏木港事務所 (0766-44-0277)

富山県 自然保護課 自然公園係 (076-444-3399) 

【備考】義経岩周辺で管理者が分かれており、空撮するエリアに応じて窓口が異なります。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、事前に連絡してください。

13猿飛峡

黒部峡谷を代表するエリア、猿飛峡。黒部川本流でもっとも川幅が狭く、野生の猿が飛び越えたことから「猿飛」の名が付けられました。上流は黒部ダム直下、下流は東谷合流地点までの地域に加え、奥鐘山の大断崖と猿飛が飛地として猿飛峡とされています。特別名勝・特別天然記念物に指定されている絶景です。奥鐘山は日本屈指の大岩壁で、登山客からも人気があります。川を飛び越えた猿の視点から撮影するには、ドローンが最適でしょう。

出典:じゃらんnet

【場所】〒938-0000 黒部市宇奈月町黒部

【管理団体】

富山県 自然保護課 自然公園係(076-444-3399)

林野庁 中部森林管理局(026-236-2720) 

環境省 立山自然保護官事務所(076-462-2301)

関西電力 北陸支社(076-432-6111)

黒部峡谷鉄道(0765-62-1011) 

【備考】林野庁中部森林管理局へ10営業日前までに許可申請をする必要があります。環境省にも事前に連絡してください。県内自然公園内でのドローン飛行の許可申請窓口については、県の自然公園係が担当になりますので、手続きについては富山県へ事前に連絡をしてください。

14五箇山相倉合掌造り集落

昔の日本にタイムスリップしたかのような風景が見られる五箇山相倉合掌造り集落。建物の造りだけでなく、周囲の自然と調和する姿が心を和ませます。集落には23棟もの合掌造り家屋が現存し、人々が暮らしています。季節ごとに行われるライトアップも人気です。幻想的な風景をぜひドローン空撮してみてください。南砺市内には他に、菅沼合掌造り集落もあります。

出典:じゃらんnet

【場所】〒939-1915 南砺市相倉611

【管理団体】南砺市役所 文化・世界遺産課(0763-23-2014)

【備考】集落の区長(代表者)様に話を通す必要性がありますので、事前に市役所へ連絡をしてください。人や物へ配慮し、安全第一で行なってください。

まとめ

観光地も含まれるためこれらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。また、観光地が多いため第三者には気をつけて安全なフライトをしていきましょう。

mavic2