【山形編】ドローンの撮影スポット13選 ~空撮特化フィルムコミッション~

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

さくらんぼやお米などの作物の産地、芋煮会の開催地として知られる山形県。それらのおいしい作物を育てる、厳しいながらも恵まれた自然のこの土地には、多くの絶景が存在します。全市町村に温泉が湧出する等観光資源に恵まれ、映画のロケ地にも使われ多くの観光客集まる山形県。ドローン空撮ならその魅了を違った角度から伝えることができます。

目次

さくらんぼやお米など作物の名産地、山形県。芋煮会の開催地としても知られます。美味しい作物を育てる土地、厳しいながらも恵まれた自然には多くの絶景が存在します。全市町村に温泉が湧出するなど観光資源が多く、国内外から数多くの観光客が訪れるとともに、映画のロケ地としてもよく使われる県です。ドローン空撮ならば、その魅力を地上とは違った角度から伝えることができます。 今回は、山形県を撮影し尽くしたドローンパイロットが「ドローンで空撮すべき山形県の美しい景色13選」をご紹介いたします!
※下記撮影スポットは、業務として撮影することを基本としており、撮影時は管理団体の方に必ず許可を取ってください。 

1面白山コスモスベルグ

一面に咲き乱れるコスモスの花々が目を引く面白山コスモスベルグ。夏の終わりから秋までの期間、大規模なコスモス畑が見られます。センセーションやベルサイユなど、コスモスの種類は8種類です。約7haもの敷地内に約100万本の赤、白、ピンク、橙色のコスモスが咲き誇ります。ベルグ(berg)とはドイツ語で「山」の意味です。 ドローン空撮には、例年コスモスが咲いている9月上旬~10月上旬頃が適しています。

出典:じゃらんnet 

【場所】〒999-3301 山形県山形市大字山寺字面白山

【管理団体】

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。ハイシーズンのドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります。

2霰滝

紅葉川渓谷散策路から眺められる紅葉川渓谷七滝の1つ、霰滝。落差は10mと小規模ながら、開けた場所で迫力ある風景を見ることができます。散策路を歩く家族連れなどグループでもゆっくり鑑賞できる場所です。ドローンで紅葉川渓谷の滝を撮り比べるのもおすすめできます。10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃です。

出典:やまがたへの旅

【場所】〒999-3301 山形県山形市山寺

【管理団体】

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

3藤花の滝

紅葉川渓谷七滝の1つで、紅葉川渓谷を代表する段瀑である藤花の滝。散策道入口の近くにあるため、道路からも確認できます。滝付近まで行けば、涼しさと迫力が感じられるでしょう。ドローン空撮であれば滝をより間近で見られます。紅葉の名所のため、10月下旬~11月上旬が見頃です。 

出典:やまがたへの旅

【場所】〒999-3301 山形県山形市山寺8685

【管理団体】 

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

4千太滝

紅葉川渓谷の西の最奥に流れる落差10mの千太滝。紅葉川渓谷七滝の1つです。渓谷の上流部、滝に沿って整備されている階段道、吊り橋、そして対岸からと、それぞれ滝の見え方が異なります。ドローン空撮であれば、その違いを一層楽しめるでしょう。他と同じく、10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃です。

出典:やまがたへの旅

【場所】山形市大字山寺字面白山地内

【管理団体】 

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

5青竜淵

紅葉川渓谷の見所の1つ、青竜淵。滝の多い紅葉川渓谷ですが、ゆるやかな流れで心が休まります。毎年10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃で多くの人が訪れます。ドローン空撮であれば、水面に映る紅葉や、水面に浮かぶ落ち葉を間近で捉えることができます。

出典:山形市観光協会公式ウェブサイト山形十二花月

【場所】〒999-3301 山形市大字山寺字面白山地内

【管理団体】 

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

6戸洞滝

紅葉川渓谷の上流にある落差15mの戸洞滝。渓谷にある他の滝と比べて、涼しげで正統な印象です。面白山登山道からの眺めをしっかりと堪能できます。ドローン映像なら、より涼やかな様子を伝えられるかもしれません。毎年10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃です。

出典:山形市観光協会公式ウェブサイト山形十二花月

【場所】山形市大字山寺字面白山地内(紅葉川上流)

【管理団体】

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

7幻竜の滝

紅葉川渓谷に多い滝の中で特に高さがある幻竜の滝。まさに竜のようにくねくねと曲がりながら落ちていく姿が美しい滝です。1日の中でも時間帯によって水の透明度が変わったり、量が変わったりと表情がころころと変化する様子から「幻」の文字が名に付けられました。ドローンであらゆる表情を撮り尽くしてみてください。毎年10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃です。

出典:やまがたへの旅

【場所】山形市大字山寺字面白山地内

【管理団体】

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

8絹糸の滝

紅葉川渓谷の遊歩道沿いに流れる滝群の1つ、絹糸の滝。落差22mと渓谷有数の高さがあり、水量の多い時は滝が大きく2本に分かれる姿をドローン空撮可能です。毎年10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃です。

出典:やまがたへの旅

【場所】山形市大字山寺字面白山地内

【管理団体】

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

9布引の滝

シルクのように柔らかで滑らかな細い流れが特徴的な布引の滝。紅葉川渓谷下流コース入口から徒歩で約30分、渓谷の道が深まった地点で姿を見せます。なだらかなで高さ28mもの岩壁を流れる優雅な様子はぜひドローン空撮したい美しい景観です。毎年10月下旬~11月上旬が紅葉の見頃です。

出典:やまがたへの旅

【場所】山形市大字山寺字面白山地内

【管理団体】

山形市役所 観光物産課

山形フィルム・コミッション(023-641-1212)

【備考】事前に連絡や企画書等の書類提出が必要です。他の滝などの景勝地も同様にFCへの事前の連絡・書類提出で撮影が可能です。撮影場所の占有はできませんのでご注意下さい。通常はあまり人の来ない場所ではありますが、紅葉の時期のドローン飛行に関しましては、特に安全への配慮が必要になります

10丸池様

直径20m、水深3~5mの丸池様。山形県内で唯一、湧き水のみを水源とし、鳥海山からの湧水だけで満たされています。 じっと見つめると、底からボコボコと水が湧く様子が見られます。光の加減によって少しずつ色が変わる、表情豊かなエメラルドグリーンの池です。見る角度で異なる池の様子を漏れなく捉えるにはドローン空撮が適しているでしょう。鎌倉権五郎景正が後三年の役で目を射抜かれながらも敵を探し、討ち取った後に目を洗ったのがこの丸池様だとされます。そのため、池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表し皆、片目であると言われています。池そのものが御神体として崇められ、古くから信仰の対象として大切にされてきた神聖な場所です。

出典:庄内コンシェルジュ

【場所】〒999-8525 山形県飽海郡遊佐町直世荒川57

【管理団体】鳥海山大物忌神社 (0234-77-2301)

【備考】必ず事前にご連絡・お問合せをお願いします。観光地ですので、撮影の際は観光客の妨げにならないようお願いします。

11胴腹滝

鳥海山の伏流水が岩場から湧き出す珍しい滝、胴腹滝。伏流水が山腹から湧き出る様子が、身体の「どうっぱら」から水が出ているようだと例えられ、この名が付けられたとされます。水は2箇所から吹き出しており、その左右の水の味は異なると言われています。名水として汲まれますが、左右どちらかの水を好んで片方だけ飲む人もいれば、混ぜる人もいるそうです。神秘的な滝をドローン空撮に訪れた際は、左右の水の違いを見つけるのも良いかもしれません。

出典:やまがたへの旅

【場所】〒999-8302 山形県飽海郡 遊佐町吉出

【管理団体】遊佐鳥海観光協会(0234-72-5666)

【備考】必ず事前にご連絡・お問合せをお願いします。観光地ですので、撮影の際は観光客の妨げにならないようお願いします。

12高瀬峡

檜ノ沢・婆々沢・カラ沢にまたがる高瀬峡。滝や淵を眺めるトレッキングコースとして人気のルートです。森林浴を楽しみながら歩ける手頃なコースとして知られる一方、駐車場近くに湧水を汲みに来る人もいる場所です。ヤマユリを始め、数多くの植物が季節ごとに見られる自然豊かなドローン空撮スポットで、紅葉の綺麗な10月下旬~11月上旬頃は特に沢山の観光客が訪れます。

出典:やまがたへの旅

【場所】〒999-8304 山形県遊佐町白井新田地内 

【管理団体】遊佐鳥海観光協会(0234-72-5666)

【備考】必ず事前にご連絡・お問合せをお願いします。観光地ですので、撮影の際は観光客の妨げにならないようお願いします。

13川西ダリヤ園

2.1haの敷地に咲く、650種10万本もの色とりどりのダリアを見ることができる、川西ダリア園。季節には国内外の様々な種類の美しいダリアが咲き誇ります。その規模は日本最大規模。ドローン空撮なら、他では撮ることができないスケールのダリアの花々を画面いっぱいに収めることができるでしょう。8月〜11月初旬までの期間のみです。

出典:じゃらんnet

【場所】〒999-0121 山形県東置賜郡川西町上小松5095-11

【管理団体】川西市役所 産業振興課 商工観光グループ(0238-42-6645)

【備考】撮影の可否は目的や日時によりますので、必ず2週間前までに相談して下さい。お客様がいない時間帯やシーズン等が限定される場所です。

まとめ

これらのロケーションについて、国土交通省の許可申請が必要かどうかの確認、施設管理者の許可取得を必ず行なってください。観光地が多いため、第三者には気をつけて安全なフライトをしていきましょう。

東京海上日動ドローン保険