FLIGHTS「ドローンの未来を見せる」ビジネスメディア

セルフィードローンDOBBYの開封〜飛行(設定)まで完全ガイド【200g以下】 

Dobbyは、日本国内ドローン規制外の199g、手の平サイズでカメラも付いた本格セルフィドローンです。本記事では、セルフィードローンDOBBYの開封〜飛行(設定)を丁寧にレクチャーしていきます。購入前・購入後のドローン初心者必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内ドローン規制外の199g、手の平サイズでカメラも付いた本格ドローン、Dobby。セルフィドローンとも言われるDobbyは、GPSセンサー搭載で誰でも簡単・安心に安定したホバリングをすることができ、初心者におすすめのドローンです。

 開封

早速Dobbyを開封してみましょう。

内容物の確認

本体、バッテリー2個、プロペラガード、充電器、TypeC 変換プラグ、電源アダプター、USBケーブル、専用袋、クイックスタートガイドが入っています。

準備

ドローン本体の準備

取り出して、折りたたれたプロペラのついた4つのアームを広げましょう。

バッテリーの準備

充電しましょう。充電器は急速充電技術が使用されています。充電が終わるとバッテリーのランプが緑色になります。充電が完了したら機体に正しく取り付けましょう。

アプリの準備

お手持ちのデバイス(スマートフォン/タブレット)にアプリ“Do.Fun”をインストールしましょう。

起動

機体とアプリの接続

ドローン本体とアプリ“Do.Fun”を接続します。お手持ちのデバイスから、DobbyのWi-Fiを探して接続して下さい。

Wi-Fi SSID:Dobby – ××××××
パスワード:zerotech

 

コンパスキャリブレーション

ドローンを起動(機体の電源ボタン3秒長押し)し、アプリ“Do.Fun”を立ち上げます。

設定→コンパスキャリブレーションを選択し、アプリの指示に従ってコンパスキャリブレーションを実行して下さい。画像の少年のやっている通りに行えばいいので、わかりやすいです。

環境設定

アプリのメイン画面より室内/室外をタップして、現在の飛行環境を選びましょう。初めて飛ばす時は、室外で30分以上飛ばさないと室内では飛ばせない仕様です。最初から狭い室内だとぶつけて墜落したり怪我をしたりする恐れがあるので安心ですね。

操縦モード設定

飛ばす前に操縦モードを選びましょう。APP設定のコントロールモードから選べます。基本的には日本モードで問題ありません。

離陸

必ず周辺に人のいない、ぶつかる可能性のある障害物が無い事を確認します。確認したら、画面の離陸ボタンを押すだけで離陸し、一定の高さでホバリングします。
思ったより音は大きいですが、パワーがある証拠かもしれません。安定感のあるホバリングで、スティックから手を離してもピッタリ空中で止まっています。

まとめ

多くのドローンがある中、Dobbyの飛行させるまでの設定は非常に簡単です。

200g以下のため、国内のドローン規制は適用外。この大きさで4K画質で自撮りができる高性能・小型セルフィードローンDOBBYは、初心者にも安全でどこでも飛ばせる最高の旅のお供になってくれるのではないでしょうか。
  • FLIGHTS編集部
  • DJIインストラクターを中心としたDroneAgentのスタッフが記事を執筆している、FLIGHTS編集部のアカウントです。
  • FLIGHTSの最新情報をお届けします