DJIの未発表ドローン「Phantom 4 RTK」画像がリーク?

塚本直樹
この記事を書いた人
塚本直樹

こんな感じの内容です!

Facebook上のInspireシリーズのオーナーグループに、「Phantom 4 RTK」とされる未発表ドローンの画像が投稿されました。

目次

 

DJIが展開するフラッグシップドローンの「Phantom 4シリーズ」ですが、遠くない時期に新モデルが追加されるかもしれません。Facebook上のInspireシリーズのオーナーグループに、「Phantom 4 RTK」とされる未発表ドローンの画像が投稿されました。

測量などを想定?

このドローンのモデル名になっている「RTK」ですが、これは「リアルタイムキネマティック(Real Time Kinematic)」を意味していると考えられます。リアルタイムキネマティックとは、測量などの際に補正情報をドローンなどの移動局に送信し、移動局で正確な測量データを取得する手法です。詳細はわかりませんが、ドローン上部に飛び出した円形の部分が、リアルタイムキネマティック関連の部品である可能性があります。

 

A3フライトコントローラーと連携

 

さらにFacebookに寄せられた情報によれば、Phantom 4 RTKは上画像の「A3フライトコントローラー」向けの「D-RTK」という、高精度ナビゲーション・ポジショニングシステムを搭載しているとのこと。そしてセンチメーターレベルの3Dポジショニングが可能だとしています。

 

このように気圧計やコンパス、GPSを遥かに超える精度の実現により、D-RTKは商業や産業、科学などの精密動作が要求される分野での活躍が見込まれるのです。

 

現時点では詳細はわからないものの…

今回の記事を掲載したDroneDJはDJIにPhantom 4 RTKの情報を問い合わせていますが、まだ回答は得られていません。もちろんDJIからもPhantom 4 RTKに関する情報は一切公開されていないのですが、このように限定的ではあるにしろ機体が公開されたということは、遠くない時期の正式発表を思わず期待してしまいます。

 

画像:DroneDJ, DJI
参照:DroneDJ
(文/塚本直樹)