全ての商品
  取り扱い製品一覧

全ての商品

トイドローン
趣味向け セルフィー・練習用

トイドローン

SPARK
DJI史上 最小-空撮機

SPARK

MAVIC
ペットボトルほど 超小型-空撮機

MAVIC

KARMA
GoProファン待望 小型-空撮ドローン

KARMA

PHANTOM
最もスタンダード 小型-空撮ドローン

PHANTOM

INSPIRE
ハイエンドモデル 中型-空撮ドローン

INSPIRE

大型機・産業用
別途カメラ搭載可 映像・点検・農業

大型機・産業用

カメラ・ジンバル
手持ちジンバル・ ズーム・遠赤外線

カメラ・ジンバル

アクセサリ
充電器・ガード・ VRゴーグル

アクセサリ

保守・保険パック
故障時の修理・取り替え メールで技術サポート

保守・保険パック

ドローン空撮業者を選ぶ基準とは?空撮リスク/撮影技術/適切な料金,から解説

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

この記事の目次

近年はドローン空撮を行う業者が急増しています。2016年から2017年度の段階で、体感的な数字ですが3倍くらいに増えているのではないでしょうか。しかし、どの空撮業社(または個人の空撮カメラマン)に頼むのが正解なのか、インターネットの情報を見て判別することは非常に難しいと思います。本記事では、「空撮の撮影技術」、「安全性」、「料金」を軸に、適切なドローン空撮業者を判別する一助になるような解説をしていきます。

ドローン空撮の上手い下手の判断基準は?

その業者の「撮影事例」をみて判断すべきです。ドローン空撮は対象物によって技法が異なるので、「撮影したい内容」に類似した撮影事例があるかを確認することが最優先です。

主な撮影手法

  1. パン
  2. ノーズインサークル
  3. 対象通過、など

また注意点としては、

  1. 「カクン」とした映像を平気で使っている
  2. 「カメラ設定」に違和感を感じるような映像がある
  3. 「撮影手法」がいつも同じで、高度があるだけの映像ばかり

の3パターンに該当する方は、まず素人の方なので、相談は避けたほうが無難です。

信頼性/安全な運用の知見があるのか?

これは難しい問題です。現状は国土交通省の許可も「一定のお作法」を守れば取得できますし、各民間団体が発行している技術証明書も、2日程度で取得でき実務レベルに到達しているケースは多くありません。

参照:「ドローン資格は信頼していいのか、各主要団体ごとに検証」

オススメする判断方法は以下です。

  1. 1航空法など、ドローン関連法への知見」の質問を大量に行う。
    参照:【ドローン関連法総まとめ】19つのドローン法から規制状況を徹底解説
  2. 「空撮のリスク・緊急時の対応」を確認
    参照:ドローンが抱える電波障害のリスクと、障害発生時の対応を解説します
  3. 「実績」の確認

3)については特に注意が必要で、ラジコン空撮時代の「落ちても仕方ない」とされていた時代の操縦士の方は、競争もなかった際に豊富な撮影事例が舞い込んでいたケースも想定すべきと思います。

料金

金額感の相場感は回答が少し難しい点が正直なところあります。WEB検索から出てくる空撮業者をリサーチしたところ、1日操縦士を借り切った場合、大まかに以下の金額帯に分類できました。

  1. 素人レベルの方:「3,5万円〜5万円」
  2. 格安業者:「5-7万円」
  3. レベルの担保された空撮業者:10万円前後☆
  4. 昔ながらの空撮業者:30万円〜

という数字感のようです。1,2の価格帯で、実績も少なく安心できる方は、見つけるのは難しいなという印象で、あくまで副業レベルで業務をされている印象です。

また4は、10年前の機材を独自制作し、空撮業務を行える会社が数社しかなかった時代の金額帯がまだ継続しているという印象です。

カメラマンの相場と、空撮業務特有の専門性(水準を満たした空撮カメラマンの少なさ・申請手続き)を考慮すれば3の価格帯が最も妥当ではないかと考えられます。

参照:ドローン空撮の料金設定について徹底検討~適切な空撮価格とは?~

*注意事項として、「シネマカメラ使用」「1眼レフを用いた高画質パノラマ撮影」、「VR空撮」が実現できる会社は国内数社で、その場合の金額感は異なっているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドローン空撮業界はまさに黎明期であり、WEB上にも情報が散乱しています。「安い・安全・プロ」という言葉を乱発し、「悪貨が良貨を駆逐している」ような状況も散見されます。
ただ、空撮は「撮影のみ」でなく、「空を航行する」ものでもあり、安易な空撮依頼がとんでもない事故を起こしてしまう可能性もあります。

参照:ドローンで事故が起きたらクライアントは、発注者責任は問われるのか?
参照:[2017年度最新版]ドローン関連事件・違反の19事例をまとめ、その原因とは?

本記事が、「真に優れた空撮カメラマン」と「クライアント」を巡り合わせる一助となれば嬉しく思います。