03-4405-9776

操縦士紹介(更新中、一部のみ表示)

全国に展開する、DroneAgentの操縦士一覧です

  • 桑水 悠治

    桑水 悠治  DJIインストラクター

    2010年、日系IT企業の新規事業スマートフォンアプリ開発子会社をシンガポールに設立、経営。
    2012年から、米AppAnnie社日本担当GMとして、大手IT企業のマーケティング戦略支援。
    退職後、鹿児島県霧島市でドローンに魅了され、株式会社FLIGHTS取締役/パイロットとして活動。
    DJI公認インストラクターの資格所有

  • 堀内 亜弥

    堀内 亜弥  DJIインストラクター

    航空機の専門商社にて、小型飛行機の販売、航空機保険の取り扱いに従事。その後、渡米し小型飛行機のトレーニングを受ける。
    帰国後は、株式会社FLIGHTSに就業し、著名な操縦士数名からドローン操縦訓練をうける。
    JUIDA操縦技能・JUIDA安全運航管理者の講師資格、
    DJI公認インストラクターの資格所有

  • 村田 貴紀

    村田 貴紀  DroneAgent主任操縦士

    DroneAgent主任操縦士 著名カメラマン数人に師事し、数々の大手クライアントを相手に撮影を行ってきた。その後、ラジコンヘリ時代から黎明期から空撮を始める。 動画投稿サイト「Youtube」では、「m-taka」の名称でドローン空撮界隈で絶大な支持を得ている。 2017年2月よりDroneAgentに参画。

  • 岩本 守弘

    岩本 守弘  ドローン操縦教官・操縦士

    関西エリアを主に担当。20年以上のサウンド制作経験から、2015年まで8年間京都造形芸術大学にて准教授に従事。自身の音楽作品のPV制作で ドローンに出会いその可能性に魅了される。映画やCMの撮影、書籍の執筆など活動は幅広い。ドローンスクールのインストラクターとしては既に300人の教え子を輩出。ドローンにまつわる様々をマルチにこなす。クライアントワーク以外に日本の美しい風景を世界に発信するため、時間を見つけては北海道から沖縄の離島まで空撮を行う。

  • 佐々木 大志郎

    佐々木 大志郎

    北海道エリア参画操縦士 「映像を、それだけで訴求力を持って成立させる」レベルまでの映像を撮る、をモットーに、ゴルフ場・スキー場・TV番組のロケ同行をメインに活動している。

  • 望月 大二郎

    望月 大二郎

    東京農工大学においての行動学的研究で修士号を取得。その後、電気通信大学へ進学しロボット義手を研究に従事。
    現在は、DroneAgent参画操縦士として、DJI製サーモカメラ Zemmuse
    XTの運用経験を用いた、UAV(ドローン)を用いた鳥獣害の課題解決に取組んでいる。
    DJI公認インストラクターの資格所有

  • 岩佐 浩

    岩佐 浩

    東北エリア参画操縦士
    ICT農業作物調査がきっかけとなり、ドローン空撮を開始。特に仙台の震災復興に対して想いがあり、「観光」×「農業」をキーワード活躍している。

  • 中島 栄一

    中島 栄一

    北関東(茨城)参画操縦士
    ラジコン操縦歴35年のベテランパイロット。20歳からラジコンに触れ、100件以上の空撮案件を経験。室内や、林の中など難易度の高い撮影を中心に活躍。特に思い入れのある撮影はNHK「 新日本風土記」を2回撮ったこと。

  • 田中 聡

    田中 聡

    北関東(茨城)参画操縦士
    2006年から、ラジコンヘリの操縦訓練を開始し空撮のキャリアをスタートする。車撮影などの「動きもの」難易度の高い撮影を中心に活躍。
    夢は、「2020年、東京オリンピックの空撮」。

  • 畑井 健二

    畑井 健二

    北九州エリアDroneAgent参画操縦士
    1994年から、著名な空撮カメラマンに師事し、「パラモーター」と呼ばれる有人飛行での空撮を開始する。
    日本パラモーター(JPMA)公認 空撮パイロット/ドローン操縦士として、文化財の空撮、CM制作、テレビ番組制作など、さまざまな分野で活躍している。

  • 櫻井 優一

    櫻井 優一

    東海エリアを中心にドローン導入支援・操縦としたサービスを展開。現在は、岐阜県庁にてドローン利活用計画の策定を担当している。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせは 03-4405-9776