ドローン暴走防止装置「ドローンスパイダー」を解説 -空撮の安全を担保する技術とは?

この記事を書いた人

こんな感じの内容です!

空撮を検討している方の中には、低価格で自由に動き回ることのできるドローンに心惹かれているが、安全性を危惧して決断することが出来ないという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回はドローンの暴走を防ぐための器具であるドローンスパイダーをご紹介します。

この記事の目次

ドローンの暴走を防ぐためには?

ドローンが現在、あまり普及していない1つの理由として、安全性が危惧されているということが挙げられます。確かに、機体が圧倒的に軽量なのでジェット機やヘリのように安定していないのは事実です。ですが、軽量だからといって直ぐに墜落する、というわけではありません。ドローンはものすごいスピードで進化し続けており、現在はコンシューマ向けの機種であっても、かなり充実した安全機能を持っています。ですが、やはり強風などの外部的要因によって、機体が不安定になったり、風に流されたりすることがあります。空撮を検討している方の中には、低価格で自由に動き回ることのできるドローンに心惹かれているが、安全性を危惧して決断することが出来ないという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回はドローンの暴走を防ぐための1つの手段をご紹介します。

ドローンスパイダーってなに?

そこで登場するのがドローンスパイダーです。なんだかかっこいい名前ですね。ですが、そんなドローンスパイダー、ドローンの安全確保の画期的な手段の1つなんです。どういったものか説明しますと、「糸でドローンの飛行範囲を限定する」ものです。それだけ聞くとただ紐のようなものでドローンを結んでおく犬のリードのようなものを想像されるかもしれませんが、これは非常に高機能なんです。

ドローンスパイダーで出来ることを紹介!

そんなドローンスパイダー、どんな機能が盛り込まれているのかを1つ1つ確認していきたいと思います。安全性を危惧して、ドローン空撮に対して足踏みしている方は是非読んでみては!?

タッチパネルでらくらく設定

とても簡易的な装置のようですが、このドローンスパイダー、実はタッチパネルを搭載しています。ドローンと一口に言っても、重量からサイズから性能までさまざまなバリエーションがあります。もちろん、ドローンスパイダーもそれに合わせて設定しなければいけないのですが、その操作がタッチパネルで直感的に行えるのです。機械に疎く、心配されている方もこれなら安心ですね。

ドローンの速度と糸の長さがリアルタイムでわかる

さらに、搭載された液晶画面から、リアルタイムでドローンの速度と糸の長さを確認することができます。地上からでは、ドローンがどの位置にいて、どれくらいのスピードで飛行しているのかがわかりづらいので、この機能は画期的ですよね。

手動のブレーキ搭載

ではいざ暴走を始めた場合、どうしたらいよいのでしょうか?かんたんです。ただブレーキレバーを握って糸を止めれば良いのです。これなら誰でも操作が可能ですし、いざという時とても安心ですね。また、制動力の高いディスクブレーキを採用しているので、スピードコントロールもしやすくなっています。さすがドローンのためだけに設計されただけありますね。

高速で静音性が高い!

そんなドローンスパイダー、最高45km/hまでの巻取り速度に対応しています。もし範囲外に出てしまった場合も高速でドローンを回収することができるのです。また、ノイズも少なく、非常に静かに巻取ることができるようです。これも大きな魅力ですね。

まとめ

ここまで、ドローンの安全装置ということでドローンスパイダーを見てきましたがいかがでしたでしょうか?これまでドローン空撮を躊躇していた方のドローンに対する抵抗が少しでもなくなれば非常に嬉しいです。ちなみに弊社が提供するドローン空撮サービス、DroneAgentでは、このドローンスパイダーを使った空撮も可能ですので、ご検討している方は是非ご相談ください。

参考 : 空撮技研 | ドローンスパイダー
参考 : ドローン空撮のDroneAgent

mavic2

関連記事