全ての商品
  取り扱い製品一覧

全ての商品

トイドローン
趣味向け セルフィー・練習用

トイドローン

SPARK
DJI史上 最小-空撮機

SPARK

MAVIC
ペットボトルほど 超小型-空撮機

MAVIC

KARMA
GoProファン待望 小型-空撮ドローン

KARMA

PHANTOM
最もスタンダード 小型-空撮ドローン

PHANTOM

INSPIRE
ハイエンドモデル 中型-空撮ドローン

INSPIRE

大型機・産業用
別途カメラ搭載可 映像・点検・農業

大型機・産業用

カメラ・ジンバル
手持ちジンバル・ ズーム・遠赤外線

カメラ・ジンバル

アクセサリ
充電器・ガード・ VRゴーグル

アクセサリ

ケア・保守パック
故障時の修理・取り替え メールで技術サポート

ケア・保守パック

GoPro、ドローン事業から撤退へ 「Karma」が最後のドローンに

塚本直樹
この記事を書いた人
塚本直樹

こんな感じの内容です!

GoProは2018年1月8日(米国時間)、ドローン事業からの撤退を発表しました。残念ながら、現在販売中のドローン「Karma」が同社の最初で最後のドローン製品となります。

GoPro、まさかのドローン事業から撤退

GoProは2018年1月8日(米国時間)、ドローン事業からの撤退を発表しました。残念ながら、現在販売中のドローン「Karma」が同社の最初で最後のドローン製品となります。

この記事の目次

苦戦したドローンビジネスへの参入

GoProは2016年9月にKarmaを発表しました。折りたたみ式のアームを採用することでコンパクトに収納でき、同社のアクションカメラ「Heroシリーズ」が装着可能。さらにはカメラとジンバルを取り外してハンドグリップに装着すれば単品のジンバル付きカメラとしても利用できるなど先進的なシステムが採用され、大いに注目されたのです。

しかしKarmaは発売後に電源関連のトラブルが発覚し、出荷された全台がリコールされました。その後2017年2月に再販されましたが、市場ではライバル製品に匹敵するような評価を得ることはできませんでした。

原因は過剰競争と規制議論

GoProはドローン事業を終了する理由として、ドローン市場の過剰競争と規制議論をあげています。発表によれば、Karmaは販売金額ベースで2017年に市場2番手に迫ったものの、競争の激しさから利益を生み出すことが難しかったと伝えています。

さらにヨーロッパやアメリカで検討中の各種規制も、今後の市場の行方を不安定にしていると考えているのです。

事業集中とレイオフを発表

GoProはより競争力のある事業へと注力すると表明した上で、20%の従業員のレイオフ、CEOのニコラス・ウッドマン(Nicholas Woodman)氏の現金報酬を1ドルにするなどの方針を発表しています。そして今後は在庫のKarmaを販売し終えた時点で、ドローン事業を終了する予定です。なお、Karmaへのサービスやサポートは今後も継続されます。

 

画像:GoPro
参照:The Verge
(文/塚本直樹)