FLIGHTS「ドローンの未来を見せる」ビジネスメディア

【NTTdocomo】NTTドコモ、全方位に映像を映し出すことの出来る球体ドローン発表【最新ドローン】

2017/04/17、株式会社NTTドコモが、世界初、広告展開向け「浮遊球体ドローンディスプレイ」を発表しました。既存のドローンとは目的が全く異なる、新タイプのドローンの登場はとても楽しみですね。今回はこの「浮遊球体ドローンディスプレイ」について情報をもとにご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

球体ドローン!? NTTドコモの残像で映像を生み出すドローンとは!?

参照:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

2017/04/17、株式会社NTTドコモが、世界初、広告展開向け「浮遊球体ドローンディスプレイ」を発表しました。既存のドローンとは目的が全く異なる、新タイプのドローンの登場はとても楽しみですね。今回はこの「浮遊球体ドローンディスプレイ」について情報をもとにご紹介していきます。

このドローン、何に使うの!?

一般的に、既存のドローンとこの「浮遊球体ドローンディスプレイ」は全く目的が違います。先程も書いたとおり、このドローンの用途は「広告」です。アドバルーンのような用途や、アミューズメント施設、ライブ会場の看板代わりに利用されるようです。まさに動き回るアドバルーンですね。これまでのドローンの用途が空撮等だったことに対し、新たな切り口からドローンを開発したNTTドコモはすごいと思います。

どういう仕組みなの?

参照:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

実はこれまでも、ドローンにディスプレイを搭載するというアイディア自体は存在したようです。ですが、ドローン自体、飛行するものなので、ディスプレイ自体の重みと、プロペラの生み出す気流をディスプレイが妨げてしまう等の問題から、実現化がなされていませんでした。

しかし、この「浮遊球体ドローンディスプレイ」は画期的な方法でディスプレイを搭載することに成功しました。まず、画像をみて分かる通り、ドローン自体を球体の枠が囲んでいます。実は、その枠自体に「LED(発光ダイオード)」が組み込まれているのです。

フライトの際、このLEDの枠が高速回転することで、残像を生み出します。その残像によって、球体に映像が映し出されているように見えるのです。実はとても単純な仕組みを活用しているのですね。

商用化はいつ??

こんな画期的な「浮遊球体ドローンディスプレイ」、実用化はいつになるのでしょうか?

NTTドコモは、「2018年度」の実用化を目指して開発に取り組んでいるです。新しい広告の形が生み出されると考えると、非常に興味深いですね。ますます商用化が楽しみです。

 

実はディズニーも?ドローン開発をしている?

ディズニーがドローンに関する特許を申請!ショー用に使用か
この記事をご覧ください、あのディズニーもまた、ドローンを開発しているというリークが流れているようです。ショーで使用すると言われているので、もしかしたらこのNTTのものと構成等は似ているのかもしれませんね。

 

まとめ

様々なドローンが登場しており、ドローンの活躍シーンはますます増えそうです。そのうち、ドローンが既存のものを置き換えてしまうような世界が来るかもしれませんね。

  • FLIGHTS編集部
  • DJIインストラクターを中心としたDroneAgentのスタッフが記事を執筆している、FLIGHTS編集部のアカウントです。
  • FLIGHTSの最新情報をお届けします