「ジオイド高補正ツール」リリース! Phantom 4 RTKがより手軽に

加塩 博士
この記事を書いた人
加塩 博士

こんな感じの内容です!

Phantom 4 RTKに保存される楕円体高のExif情報を、標高表記に変換する「ジオイド高補正ツール」の詳細についてご説明します。

目次

Phantom 4 RTKを既に導入している方、これから導入しようと考えていらっしゃる方、ほぼ全てのユーザー様より、「Phantom 4 RTKに保存されるExif情報が、楕円体高なのがちょっと手間だよね。標高表記に出来ないの?」といったご意見を頂いております。

そこで、FLIGHTSでは、Phantom 4 RTKに保存されるExif情報を変換するツール「ジオイド高補正ツール」を作成しました。

今回は、「楕円体高」「ジオイド高」という測量専門用語の説明も交え、Phantom 4 RTKの利活用推進のためにFLIGHTSが提供する「ジオイド高補正ツール」についてご説明いたします。

Phantom 4 RTKに保存される情報と既存のSfM手順

Phantom 4 RTKに保存される情報の一つとして標高が楕円体高で保存されています。これは測量という概念において、正しい保存方法ではあるのですが、SfMの処理過程においては余計なひと手間が必要となります。どのような作業が発生するのか、Phantom 4 RTKの現在のSfM処理手順方法をもとにご紹介します。

楕円体高やジオイド高についての概要「国土地理院ウェブサイト」

 

【既存のSfM手法】
1.対空標識(標定点・検証点)を楕円体高で求め
  (又は標高から楕円体高に変換して)、SfMを実施
2.その後、全体的にジオイド高分をオフセットする方法

この手法の場合、オフセットするジオイド高は測量範囲のジオイド高平均値等で補正します。すなわち、広範囲にわたるSfMに関しては平均値でオフセットすること自体、多少ではありますが成果としての点群データに精度誤差を生む要因となり得ます。

また、ジオイド高を調べるためには国土地理院のサイトからデータを取得し、ジオイド高を計算する必要があります。その際に「緯度経度⇔世界測地系の変換」、「緯度経度情報の10進法⇔60進法変換」等、様々な変換作業が必要となります。

 

下記は、私が良く活用している国土地理院の測量計算サイトページです。

緯度、経度への換算  ジオイド高計算  平面直角座標への換算

※上記は、「国土地理院ウェブサイト」の「測量計算サイト」にリンクしています

 

では、なぜ、楕円体高での点群生成ではなく、標高での点群生成をする必要があるのでしょうか。

それは、工事現場は標高で表記されている世界測地系座標を用いていることが多く、工事図面と点群の座標系を合わせる必要があるためです。

今回リリースするツールは、既存のSfM手法が手間だとお考えのユーザー様にとっては、待望のツールとなります。

「ジオイド高補正ツール」で出来ること

1.標高表記の写真へと一括書き換えを実施
2.RTKがFIXしている写真の選別を可能に

「ジオイド高補正ツール」は、Exif情報より得られた緯度経度情報よりジオイド高を求め、標高表記に換算した情報を直接SfMソフトウェアに入力することが出来るツールです。

実際に「ジオイド高補正ツール」を用いた場合、下記のように表示されます。独立したキャリブレーションを実施するための数値も同時に表記されるため、複数台所有して運用したい場合など、S/N固有のレンズディストーション数値の入力ミスを防ぐことにも繋がります。

こちらのツールを使用すると、SfMの処理手順が簡素化されます。

また、RtkFlagに表示されている数値が50の場合はRTKがFIXされていることを表しており、この数値を一覧で表記させることが可能なので、FIXしていない写真を確認し、取り除くことが出来る点も、大変すばらしいツールと言えるのではないでしょうか。

「ジオイド高補正ツール」の提供に関して

FLIGHTSは、Phantom 4 RTKの有効活用により、土木建設業界のコストや手間、無駄を大幅に削減できると考えています。

その一端を担うツールとして、「ジオイド高補正ツール」を位置付けております。そこで、

これからPhantom 4 RTKをご購入予定のお客様には、「ジオイド高補正ツール」を無償提供致します

※提供可能数量に到達し次第「ジオイド高補正ツール」の無償提供を中止する可能性がございます。導入をご検討されるお客様はお早めに、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。

是非、「ジオイド高補正ツール」を用いて、Phantom 4 RTKの利活用を推進して頂きたいです。

 

【協力】:東洋テック株式会社様のご協力により、ジオイド高補正ツールを作成しております。

お問い合わせはこちら

「ジオイド高補正ツール」に関する質問や、Phantom 4 RTKの見積依頼等は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

 

mavic2