全ての商品
  取り扱い製品一覧

全ての商品

トイドローン
趣味向け セルフィー・練習用

トイドローン

SPARK
DJI史上 最小-空撮機

SPARK

MAVIC
ペットボトルほど 超小型-空撮機

MAVIC

KARMA
GoProファン待望 小型-空撮ドローン

KARMA

PHANTOM
最もスタンダード 小型-空撮ドローン

PHANTOM

INSPIRE
ハイエンドモデル 中型-空撮ドローン

INSPIRE

大型機・産業用
別途カメラ搭載可 映像・点検・農業

大型機・産業用

カメラ・ジンバル
手持ちジンバル・ ズーム・遠赤外線

カメラ・ジンバル

アクセサリ
充電器・ガード・ VRゴーグル

アクセサリ

業界最新情報
どこよりも詳しく 写真や動画で解説

業界最新情報

新着記事 5件

ドローン測量という新時代。現在起こっている測量手法の革新とは?

塚本直樹
この記事を書いた人塚本直樹

こんな感じの内容です!

測量手法に大きな革新が起きようとしています。この記事では、一見難しく感じるドローン測量の可能性を、簡潔で分かりやすくレポートしていきます。従来の写真測量やレーザー測量といった測量手法は、どのように変化しているのでしょうか?

この記事の目次

これまで測量やマッピングで長らく利用されてきた、写真測量法とレーザー測量(LiDAR)。しかしドローンの登場により、測量手法に大きな革新が起きようとしています。この記事では、ドローン測量の可能性についてCommercial UAVの記事を参考にレポートしたいと思います。

これまでの測量の基本

 

これまでの測量では、写真を利用する写真測量法と、レーザーの反射を利用するレーザー測量が利用されてきました。レーザー測量は時に航空機からおこなわれることもありますが、今回お話するドローン測量とはまた別の技術です。

 

ただし写真測量法には木々などの障害物があると、測量がうまく行えないという弱点があります。また障害物の下の地形の測量も、写真測量法は苦手です。しかし、ドローンはこのような測量の現状を大きく変えるだけの力を持っているのです。

 

ドローン測量のメリットとは

 

先程述べた航空機からのレーザー測量は、そもそも利用コストが高いという問題があります。しかしドローンによる測量では、小さな面積での正確な測量が可能になるのです。

 

一つの地点を何度も飛行できるドローンが集めたデータからは、測量者は完璧な地形データを入手することができます。レーザー測量は運用コストが高価ですが障害物に邪魔されず、また写真測量方は条件によっては正確な結果が得られますが、障害物に弱い。このようなお互いの弱点を克服するのが、ドローン測量なのです。

 

写真測量方にもレーザー測量にもお互いにメリットとデメリットがあり、測量する目標や予算の中で最適な手法を選択する必要があります。そして新たに登場したドローン測量は低コストと正確性という大きなメリットをもたらすことで、測量の世界を大きく変えていくことでしょう。

 

画像:Commercial UAV News
参照:Commercial UAV News
(文/塚本直樹)