ドローン総合サービスのFLIGHTSがAirsight Australiaと提携 高精度・低価格帯LiDARシステムの提供開始

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

株式会社FLIGHTS はAirsight Australia(本社:オーストラリア)と提携し、LiDARシステム「NextCore RN50」の提供を開始します。IMUを用いたLiDARシステムは1,000万円超の高価格帯でしたが、「NextCore RN50」は低価格での提供が可能なため、600万円台で販売します。

目次

Airsight Australiaが開発したLiDARシステムNextCore RN50は、正確なIMU(ジャイロセンサー)とGPSを統合したシステム構成のため、高精度で低価格を実現しています。IMUを用いたLiDARシステムは、これまで1,000万円超の高価格帯でしたが、「NextCore RN50」は、低価格での提供が可能なため、FLIGHTSでは600万円台で販売いたします。

本年6月より、FLIGHTSは全国各地で、「NextCore RN50」のデモンストレーション、製品説明会を実施します。また、運用時の保守パックも準備し、国内のLiDARドローンの普及に貢献してまいります。

LiDARシステム「NextCore RN50」の特長

高精度でありながら低価格を実現

  • 正確なIMU(ジャイロセンサー)とGPSのシステムを統合したシステム構成により高精度に。
  • ハードウェア部分にQuanergy社製「M8 LiDAR ユニット」を採用することで、低価格を実現。

既存の低価格帯LiDARドローンの課題に対応

  • 既存の低価格帯LiDARドローンはIMUを使わないGNSSのみで位置姿勢推定を行う測位方式を採用。そのため、IMUを使ったLiDARシステムより精度が劣る課題があった。
  • 「NextCore RN50」は、正確なIMUを使用するため、従来のLiDARシステムと同性能を実現。

GISエンジニアの必要なく自動でデータ処理が可能

  • Airsight Australia開発のデスクトップ仕様のソフトウェアと、クラウド型のソフトウェアを提供
  • アップロードするだけで、自動でデータ処理されるため、GISエンジニアが不要。

DJI製「Matrice600 Pro」に搭載可能

  • 汎用機であるDJI製「Matrice600 Pro」搭載設計。
  • 重量2.5kgと軽量のため、最大23分の飛行時間を確保。

距離精度5cm以内・最大50haのスキャンが可能

  • 毎秒420,000ポイントのデータ取得し、秒速10mの単一フライトで、距離精度5cm以内・最大50haのスキャンが可能。

「NextCore RN50」で捕捉された点群(DJI製 Matrice600 Pro搭載・1フライト)

DJI製 Matrice600 Pro搭載「NextCore RN50」  

LiDAR搭載ドローンとは

航空機搭載型に比べ、安価で近接したデータ取得が可能

  • ドローン搭載により安価になり、維持管理も楽に。
  • 余分なデータを取得せず、広範囲の点群化を実現。
  • 樹木の下の地表面データに対する3次元測量が可能。

急速に拡大しているLiDAR搭載ドローン市場

  • 2017年に20億円規模と評価され、2023年までに226億円規模の市場に成長すると予測されています。(出典元:Mordor Intelligence LLP著「世界のLiDARドローン市場」 )

 

LiDARシステム「NextCore RN50」スペック

LiDARシステム「NextCore RN50」

 

Airsight Australiaについて

Airsight Australiaは最先端の空間情報システム及びサービスを提供しています。特にドローンを使用した検査、マッピング、空撮ビデオ、写真などを様々な分野に提供しています。

同社CTO Aaron Hoye氏は以前、下記のコメントをしています。

「ドローン搭載型Lidarシステム市場を見渡した時に、必要とされる性能で、かつ我々が提供できる低価格でのLidarシステムが、世界に存在していないことにすぐ気付きました。そのため顧客の要望に沿うようにシステムを開発をしてきました。またアップロードするのみで自動データ処理がされる設計にしたため、顧客はGISデータの専門家である必要がないという強みもあります。」

 

デモンストレーション、製品説明会、お見積り等、各種お問い合わせはこちら

mavic2