【DJI】世界最大手ドローンメーカー、DJI社を徹底解説【ドローンメーカー】

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

世界的大手ドローンメーカーDJIはドローンを操縦する方にとっては親しみ深い企業ですよね。しかしながら、ドローンに初めて興味を持った方々には馴染みが薄いですし、しっかりと説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではそんなDJIの知られざる姿を詳しく紐解いていこうと考えています。

目次

DJI社とは一体どういった会社なのか

世界的な大手ドローンメーカーのDJIはドローンを操縦する方にとっては親しみ深い企業ですよね。しかしながら、ドローンに初めて興味を持った方々には中国企業であるDJI社は馴染みが薄いですし、DJIをしっかりと説明できる方は少ないのではないでしょうか?
本記事ではDJI社を知らない方のみならず、既に「ドローンと言えばDJI」という認識を持っている方々にまで楽しんでもらえるよう、そんなDJIの知られざる姿を詳しく紐解いていきます。

DJIの現在の立ち位置

現在DJIは世界の民生用ドローン市場で推定シェア7割のドローンメーカー大手です。本社は中国の深センにあります。
例えば2016年の世界ドローン市場は約45億ドル(1ドル=109円換算で日本円にして4905億円)なので、DJIが大きなグローバル企業だということがよく分かります。
体感的には日本国内でのシェアは10万円以上の価格帯についていえば、9割がDJI社なイメージです。正確ではないでしょうがほぼ間違いないと思います。

そして、従業員数も多くグローバル社員が6000人を超えています。まさにドローン業界におけるリーディングカンパニーであり、ドローンと言えばDJIを連想する方が多いのも頷けますね。
ドローンの機体本体はもちろんですが、ドローンを制御するフライトシステムや、ドローンに搭載されている映像がぶれないカメラのジンバル技術を生かした手持ちの高性能カメラなども取り扱っています。

 

日本におけるDJI社の立ち位置

日本では、日本法人のDJI JAPANとして従業員130人を擁し、品川シーズンテラス内にオフィスを構えています。
そして、日本オフィスは本社以外では最大の規模を誇る開発拠点となっています。
国内にはいくつかのDJI正規代理店がありますが、新宿と日本橋には実際に路面店としてDJI認定ストアがあります。
操縦の体験会を実施している店舗もありますので、購入を悩んでいる方は店舗が近ければ実際に飛ばしに行ってみるの良いかもしれません。
筆者も以前新宿のストアでドローン(MAVIC)の操縦体験をしたことがあります。
今後本格的にドローンを楽しみたいと考えている方は機会があれば一度訪れてみるのも良いかもしれません。

 

DJIの歩み・歴史

出来事
 2006  DJI 創業。
創業者かつ現社長は汪滔(Frank Wang フランク・ワン)です。
 2009  DJI初の製品となるXP3.1フライトコントローラーシステムをリリース。
*フライトコントローラーとはドローンの要とも言える飛行制御のシステムです。
 2012  現在のDJIの代名詞「Phantom」シリーズの第1弾を発売。
その後もドローンを続々とリリースしていくことになります。
2014  手持ちジンバルである「Ronin」、
カメラ一体型ドローン「Phantom 2 Vision+」をリリース。
世界初のプロ向けカメラ一体型ドローンである「Inspire 1」も発表されました。
2015  手ぶれ防止機能搭載4Kカメラ「 Osmo」をリリース。
現在はスマートフォンを取り付けられるタイプも発売しています。
2016  最新(2017年8月時点)の「Phantom」シリーズの「Phantom4 pro」、
4K動画撮影に対応した小型のドローン「Mavic Pro」が発売。
2017 DJI史上もっとも小型の 「SPARK」が発売。
手軽さと豊富なカラーバリエーションで話題に。

このように、最新の技術を搭載した機体を次々とリリースしていく姿もDJIが世界で人気を集める秘訣かもしれませんね!

 

 DJI製ドローンとは

現在DJIから販売されている製品は非常に多いです。
その中でも一般者向けの主要な商品と言える「Spark」、「Mavic」、「Phantom」、「Osmo」をご紹介します!
(一般者向けと書きましたが、Sparkを覗き製品はプロ用途にも耐えれるクオリティの空撮ドローンです)

Spark

間違いなく今年(2017年)もっともドローンファンをにぎわせた最新の機体です!
発売情報が出てから大きな話題になりましたね。
DJIドローンの中で1番小さく、また、初のカラーバリエーションを備えた期待として人気です。
手軽に撮影できる機能や比較的手頃な値段のおかげで、初心者にもぴったりのドローンと言えます。
※スペックなどの詳しい情報はこちら

Mavic

「Mavic Pro」は「Spark」が発売されるまでもっとも小型のDJIドローンでした。
しかし、「Spark」よりもスペックが高いため差別化ができています。
「Spark」では物足りない方にはぴったりでしょう。
※スペックなどの詳しい情報はこちら

Phantom

今やDJIのみならず、ドローン全体を代表する機体とも言えるのがこの「Phantom」シリーズです。
ドローンに詳しくない方にドローンをイメージしてもらうと、この「Phantom」の形を思い浮かべるのではないでしょうか。
現在(2017年8月)は「Phantom4 PRO」まで発売されています。
※スペックなどの詳しい情報はこちら

 

Osmo

こちらはドローンではなく、ドローンについているジンバルの技術を応用したカメラです。
ジンバルとは、ドローンのカメラの映像が乱れないように衝撃を吸収したり、カメラの角度を変えたりする装置のことです。
「Spark」以外のDJIドローンには 3 軸のジンバルが付いていて、ぶれのないスムーズな映像を撮ることができるのですが、それをカメラに応用したのが「Osmo」シリーズです。
カメラ一体型のものと、お手持ちのスマートフォンを取り付けるタイプの「Oamo Mobile」が売られています、

 

DJIによる資格

現時点(2017年8月)では日本国内で国家公認の資格はありませんが、DJI JAPANはDJI CAMPを主催し、DJIドローン操縦者向けの民間資格を発行しています。

 

 

DJI製品の購入はこちらからになります。

 

Phantom 4 Pro

【即納可】 Mavic Air (オニキスブラック)

Mavic Pro

 

mavic2