【DroneAgent】ドローン操縦士派遣”DroneAgent”、FAA商用運航資格取得。アメリカでのドローン飛行が可能に!【アメリカ】

FLIGHTS編集部
この記事を書いた人
FLIGHTS編集部

こんな感じの内容です!

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTS(代表取締役:峠下 周平、以下、「当社」)は、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になります。

目次

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTS(代表取締役:峠下 周平、以下、「当社」)は、アメリカ連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になります。

 

商業用ドローンの飛行ガイドライン「パート107」とは?

「パート107」は、米国における商業用でのドローン飛行を制限するガイドラインで、2016年8月に施行されました。本ガイドラインによりFAAからの認可を所有していない者のドローン飛行は制限されています。なお、趣味で飛行させる場合は、特にライセンスは必要なく、機体の登録だけで手続き上は飛行することができます。

 

「パート107」のおける認可の取得方法とは?

ガイドラインによると、運航認可を取得するには、FAA(米連邦航空局)が承認する試験場で、「法規制・空域・気象・機体性能・航空機運用」などの試験に合格する必要があります。
なお、本資格を所有しない操縦士も、FAA資格を持つ人物の監督下ではドローン飛行をすることができます。
詳しくはコチラ:https://droneagent.jp/flights/faa-license/

 

今回のFAA取得の背景

DroneAgentには、国内のTV局・映像制作会社から米国での撮影の相談をいただいてきました。既存の体制では、提携の米国ドローン運用代行会社を紹介してきましたが、将来的に「ドローン操縦士派遣サービス」を海外でも展開していくことを目指し、今回の申請に至りました。

 

今後のDroneAgentでの展開

DroneAgentでは、国内企業が海外にてドローン運用をする際のサポートを実施していきます。具体的には国内企業が米国でドローン空撮・測量・点検といった業務を必要とする際の、運用代行・導入サポートを行っていきます。

 

mavic2