タグ:DJI

Mavic Airの実機画像が直前流出。4K撮影やジェスチャーコントロールに対応?

Mavic Airの実機画像が直前流出。4K撮影やジェスチャーコントロールに対応?

噂通りの折りたたみドローン 今回の画像は、海外サイトのDroneDJが公開したものです。機種のセールスポイントを見ていくと3200万画素カメラを3軸ジンバル経由で搭載し、4K解像度動画の撮影が可能。また折りたたんでコンパクトに持ち運べるだけでなく、21分の飛行時間も達成しています。さらに前後下方の3方向に障害物センサーを搭載し、ジェスチャーコントロールも可能だと記載されています。 DJI Gogglesにも対応     その他の細かいスペックを見ていきましょう。 ・カメラはパノラマ撮影が可能 ・センサーサイズは1/2.3インチ、新型イメージ・シグナル・プロセッサを搭載 ・4K動画のフレームレートは60fps ・VPS(ビジュアル・ポジショニング・システム)の搭載で操縦やホバー飛行、屋内飛行性能が向上 ・本体色はホワイト、ブラック、レッドが存在 ・FPVゴーグルの「DJI Goggles」に対応   価格などはまだ不明   とはいえ、今回の流出でMavic Airの全てが判明したわけではありません。まず動画の送信範囲がわかりませんし、何よりも価格情報が現時点でも不明なのです。これについてDroneDJは、Mavic Airの予想価格を699ドル(約7万7000円)程度だと予測しています。 このように、4K動画撮影や21分間の飛行時間など、まさにMavic Proの派生機種としてふさわしいスペックに仕上がりそうなMavic Air。本体重量的には改正航空法の基準の200gを上回ってしまいそうな気もしますが、それでも2018年1月23日のニューヨークでの正式発表イベントを楽しみに待ちたいですね!   画像:DroneDJ 参照:DroneDJ (文/塚本直樹)

【京都編】ドローンの撮影スポット16選 ~空撮特化フィルムコミッション~

【京都編】ドローンの撮影スポット16選 ~空撮特化フィルムコミッション~

有名な神社仏閣があり、日本を代表する歴史的・文化的な価値を持つ古都・京都。観光スポットが集まる市内を少し離れると、ドローン空撮にピッタリのスポットがあります。京都にもこんな場所があったのか!と驚くような体験があるはずです。ぜひドローン空撮で京都を訪れてみてください。

【おすすめ】ドローン操縦士が選ぶ7個のアプリを紹介

【おすすめ】ドローン操縦士が選ぶ7個のアプリを紹介

ドローンは、空飛ぶスマートフォンと言われるだけあり、その操縦や管理にスマートフォンやタブレット端末が欠かせません。ドローン使用に欠かせないアプリ上の操作に留まらず、気象情報や規制範囲等、ドローンに関わる情報のほとんどを、アプリで知ることができます。 本記事では、実際にドローンを使った業務に従事するドローン操縦士が日頃使用するアプリを紹介します。 Litchi サードパーティー製の自動操縦アプリで、PCでFLIGHTプランを綿密に作成して現場で自動操縦等が簡単に出来るアプリ。同じ場所で同じルートを飛ぶ観測などは必須アプリです。 また、眺望撮影でのパノラマ写真などもアプリで指定すれば、自動で360度パノラマ写真を作るために複数の写真を撮ってくれます。似たようなアプリとしてDJIからはGSproが出ているので、使いやすいほうをチョイスするのが良いでしょう。    日の出日の入り 日の出を狙う時に真っ暗な時から準備して、どの方角から何時に日の出なのか正確にわかるように入れています。夕陽を写す時に日の入りも確実な方角と時間を把握するのに良いアプリです。   Yahoo天気・雨雲レーダー 天気予報アプリとして定番のYahoo天気。空撮の現場で雨が降ってる時は、何時に晴れ間が出るかを正確にわかるためのアプリです。5分おきに正確な雨雲の様子が、数時間先までわかるので空撮現場では本当に重宝しています。 UAV Forecast ドローンを飛ばす時に重要となる、高度別の風速や天気などあらゆる情報がひと目で詳しくわかります。目視では知り得ない上空の天候を知ることができるので、まさにドローン操縦のためにあるようなアプリですね。  ドローンマップ DID(人口密集地)かどうかをひと目でわかるアプリです。国土交通省の許可を持たない方には特に気になる"DID"の問題。外出先でも気軽に確認することができますので、出先のあちこちでドローンを飛ばしてみたい方は、入れておくと便利でしょう。 Flightradar24 上空に飛行機が飛んでいるかひと目でリアルタイムでわかります。ドローン操縦士でなくても、飛行機好きの方ならご存知かもしれません。空港周辺や高度の高い飛行を行う際には予め確認しましょう。 HD Sync アプリから https://airdata.comに自動でドローンのフライトレコーダーのデータを全て自動でUPしてくれるアプリ。一部有料で飛ばした後の風速なども確認できます。本当にありとあらゆるデーターが取得できます。バッテリーの細かい情報からGPS補足状況・機体のエラー情報・フライト記録全てが  https://airdata.com で確認出来る。  まとめ ドローンを飛行させるには普段目にする天気予報だけでなく、上空の情報や法規制など、より多くの情報が必要になります。ドローンを屋外で飛行させる予定がある方は、ぜひこちらでご紹介したアプリを事前に入手して情報収集に備えてくださいね。