タグ:ドローン導入

【おすすめ】ドローン操縦士が選ぶ7個のアプリを紹介

【おすすめ】ドローン操縦士が選ぶ7個のアプリを紹介

ドローンは、空飛ぶスマートフォンと言われるだけあり、その操縦や管理にスマートフォンやタブレット端末が欠かせません。ドローン使用に欠かせないアプリ上の操作に留まらず、気象情報や規制範囲等、ドローンに関わる情報のほとんどを、アプリで知ることができます。 本記事では、実際にドローンを使った業務に従事するドローン操縦士が日頃使用するアプリを紹介します。 Litchi サードパーティー製の自動操縦アプリで、PCでFLIGHTプランを綿密に作成して現場で自動操縦等が簡単に出来るアプリ。同じ場所で同じルートを飛ぶ観測などは必須アプリです。 また、眺望撮影でのパノラマ写真などもアプリで指定すれば、自動で360度パノラマ写真を作るために複数の写真を撮ってくれます。似たようなアプリとしてDJIからはGSproが出ているので、使いやすいほうをチョイスするのが良いでしょう。    日の出日の入り 日の出を狙う時に真っ暗な時から準備して、どの方角から何時に日の出なのか正確にわかるように入れています。夕陽を写す時に日の入りも確実な方角と時間を把握するのに良いアプリです。   Yahoo天気・雨雲レーダー 天気予報アプリとして定番のYahoo天気。空撮の現場で雨が降ってる時は、何時に晴れ間が出るかを正確にわかるためのアプリです。5分おきに正確な雨雲の様子が、数時間先までわかるので空撮現場では本当に重宝しています。 UAV Forecast ドローンを飛ばす時に重要となる、高度別の風速や天気などあらゆる情報がひと目で詳しくわかります。目視では知り得ない上空の天候を知ることができるので、まさにドローン操縦のためにあるようなアプリですね。  ドローンマップ DID(人口密集地)かどうかをひと目でわかるアプリです。国土交通省の許可を持たない方には特に気になる"DID"の問題。外出先でも気軽に確認することができますので、出先のあちこちでドローンを飛ばしてみたい方は、入れておくと便利でしょう。 Flightradar24 上空に飛行機が飛んでいるかひと目でリアルタイムでわかります。ドローン操縦士でなくても、飛行機好きの方ならご存知かもしれません。空港周辺や高度の高い飛行を行う際には予め確認しましょう。 HD Sync アプリから https://airdata.comに自動でドローンのフライトレコーダーのデータを全て自動でUPしてくれるアプリ。一部有料で飛ばした後の風速なども確認できます。本当にありとあらゆるデーターが取得できます。バッテリーの細かい情報からGPS補足状況・機体のエラー情報・フライト記録全てが  https://airdata.com で確認出来る。  まとめ ドローンを飛行させるには普段目にする天気予報だけでなく、上空の情報や法規制など、より多くの情報が必要になります。ドローンを屋外で飛行させる予定がある方は、ぜひこちらでご紹介したアプリを事前に入手して情報収集に備えてくださいね。

【DJI ZenmuseX7発表】Inspire2ユーザー必見、6K対応シネマカメラが新発売

【DJI ZenmuseX7発表】Inspire2ユーザー必見、6K対応シネマカメラが新発売

かねてから噂されていた10月11日(北米時間)のDJIによる新製品発表ですが、本日 Inspire2ユーザー注目のカメラである『ZenmuseX7』が発表されました。 本記事では、そんなZenmuseX7をご紹介します。 Inspire2との完全互換 ZenmuseX7はInspire2との完全な互換性をセールスポイントにしています。プロ御用達のドローン、Inspire2のユーザーが、6Kのプロフェッショナルな映像を撮影するには最適です。 ZenmuseX7のスペック   重量 センサー 動画 静止画 ダイナミックレンジ ZenmuseX7 449 g Super 35mmセンサー 静止画: 23.5×15.7 mm、最大動画録画領域:23.5×12.5 mm CinemaDNG:6K,4K、ProRes:4K 2400万画素 14Stop ZenmuseX5S 461 g CMOS、4/3 CinemaDNG:5.2K4K、ProRes:5.2K 2080万画素 12.8Stop 6K対応ということで、とうとう中型機がシネマカメラと呼べるカメラを搭載することになりました。Zenmuse7はMatrice600/FreeFly Altaなどの大型機でしかできなかった6K~の空撮を中型機で実現することになります。 それもみんな大好きなInspire2で撮影できるようになるんです! ジンバルスペック   精度 マウント 操作可能範囲 機械的な可動範囲 最大制御速度 ZenmuseX7 ±0.005° 着脱可能 チルト+40~-125°、パン±300°、ロール±20° チルト+50~-130°、パン±330°、ロール+90~-50° チルト180°/s、ロール180°/s、パン360°/s ZenmuseX5S ±0.01° 着脱可能 チルト+30°~-90°、パン±320° チルト+50°~-140°、パン±330°、ロール+90°~+30° チルト90°/s、パン90°/s 可動範囲だけでなく、精度も大きく変わっていることがわかります。 まとめ これまで3名で取り組んでいた大型機での高画質な映像撮影を、中型機Inspire2で撮影できるようになるのは革命的ですね。 シネマカメラクラスの撮影をする際の動員人数が、Inspire2の2名(2オペ)で可能に 映像の自由度が大幅に上がる(操作が楽になります!) シネマカメラにポータブル性(持ち運びが可能に) 正直4Kを超える映像を国内で提供するシーンが多いとは思いませんが、フルサイズでの画質は確実にニーズがあるところでしょう。 今後は既存のカメラとの実際の映像の比較も行なっていきます。   本記事のカメラが発売開始いたしました! 購入検討はこちらから。 Zenmuse X7(レンズなし) Zenmuse X7 - DL/DL-S レンズセット Zenmuse X7 - DL 35mm F2.8

【ドローンとは】空撮ドローンの歴史 -2010年〜2017年のドローン革命に迫る

【ドローンとは】空撮ドローンの歴史 -2010年〜2017年のドローン革命に迫る

最近になってドローンの空撮による映像をテレビなどでよく見かけるようになり、以前よりもドローンが身近に感じてきたのではないでしょうか? では、そのような空撮はいつからされるようになったのかご存知ですか? 本記事ではドローン空撮に焦点を合わせて、空撮用ドローンの歩んできた歴史を紹介していきます。

【DJI】世界最大手ドローンメーカー、DJI社を徹底解説【ドローンメーカー】

【DJI】世界最大手ドローンメーカー、DJI社を徹底解説【ドローンメーカー】

世界的大手ドローンメーカーDJIはドローンを操縦する方にとっては親しみ深い企業ですよね。しかしながら、ドローンに初めて興味を持った方々には馴染みが薄いですし、しっかりと説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではそんなDJIの知られざる姿を詳しく紐解いていこうと考えています。

【はじめての方へ】ドローン初心者向け記事まとめ!

【はじめての方へ】ドローン初心者向け記事まとめ!

このページにアクセスしている方は、「そもそもドローンがいったい何であるのか分からない」、「ドローンをよく知らない…」と感じていると思います。そこで、ドローンが少しでも身近に感じられるように、「ドローンって何なの⁇」「ドローンについて知りたい‼︎」という声にお応えできるような記事をまとめてご紹介します!